スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 

いい天気だ!
風は強いけど暖かい日差し。


今、シーツやベッドカバーを洗っております!

一昨日、昨日と雨が続いてたから久しぶりで嬉しいです。




一昨日、夜にクラスメイトのお別れ会があって。
お店を出ると雨だった。


私は傘を持ってなかったから、しとしと雨の中、パーカーのフードをかぶってひとりで歩いてたんだ。


こちらでは、少々の雨ならみんな傘もささない人が多いし。
私はもとから、濡れても乾けば元通り☆という考えだからいいんだけど。

寒い雨の中、カップルたちは寄りそってさぁ。
しかも、金曜の夜だからみんなけっこうドレッシーなんだよー。


はいはい。
パーカーですよ。
頭巾のようなフードですよ。
ヒトリですよ。


そんな時、ササーッと私の横に足音なく来た人。


ひったくり?
なんか、危ない人?


ってドキドキしてたら、そのまま通り過ぎて。
あ、普通の男の人か…って思ってた。

そしたら、私の少し前まで歩くとくるっと振り返って。


「傘入りますか?よかったら。」


大きな傘の横半分のスペースを指さしながら聞いてくれた。
まあ英語なんだけど?たぶん訳すとこんな感じ。


大丈夫です、ありがとうって断ったけど。
ステキなホホエミを返してくれました。
なんとなくいい気分♪



その後は、その白人男性はもこもこのリュックを背負って先に歩いて行ったんだけど。


断った後も、行く方向がおんなじで。
しかもすぐ横断歩道は赤信号。


気まずいから、私は歩調を緩めてゆっくり歩いてたんだ。


そしたらその男性。
横断歩道で待ってる傘を持ってない老夫婦に話しかけててね。

きっと傘入りますかって聞いてるんだと思ったよ。



きっと優しい人なんだろう。
寒い雨の夜に、ほっこりしたエピソードでした。




09:05 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/990-16bb277b
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。