スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 電気屋さんで

オリンピック始まりましたねぇ。

私、恥ずかしながら半年くらい前までバンクーバーオリンピックって数年後くらいかと思ってました。
あと○日!的なカウントダウンが始まってから「えっ?」とびっくり☆
こんな赤っ恥はだれにもさらせず、知ってたふりしたけどね。

今日はおでかけ先で、電気屋さんのいいテレビでフィギュアスケートを観戦。
ちょうど通りかかったら、タカハシサンの出番だったんだー。
若い女の子からサラリーマンから電気屋さんオタクのような人まで、みんな足を止めて大きな画面を見つめておりました。

こけちゃったジャンプでみんなの口からもれる「あ~」のため息。
キレイにきまったジャンプでは静かな「おぉ~」の歓声。

なんか、こうやってスポーツみるの初めてで。
日本頑張れーって思った。

タカハシさん、オリンピックのCMで言ってたでしょ。

僕の夢はもう僕だけの夢じゃないから、って。

私はこれ聞いた時、ちょっとびっくりしたんだー。
私の夢はひたすら自分の夢であって、周りがどうあっても、ひたすら一人で手を伸ばすものだったから。
みんなの応援をプレッシャーみたいな負の力じゃなくて、夢っていう希望の塊みたいなものに変えてるんだよねぇ。

頑張ってプレーするのは選手だけど、私はのほほんと見てるけど。
そうやって頑張ってくれてる人たちにもらうのはやっぱり勇気であったり、湧いてくる力であったり。

タカハシさんを見終わってパラパラと散っていく、年も性別も環境もバラバラな人たちも、きっと何か力をもらったのでありましょう。
22:46 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/906-67b0a7ac
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。