スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 2本立て

映画を見てきたんだー。
2本も!
「カールじいさんの空飛ぶ家」と「のだめカンタービレ最終楽章前編」

内容に触れてますので見たい方だけドウゾ☆


カールじいさんの方は、3Dで見たんだ。
3Dだと2000円するらしいです。
とまぁ値段から入っちゃいましたけど。
3Dは途中で意識しなくなっちゃって、逆に重たい眼鏡が頭痛を引き起こす…と。
3D眼鏡をかけると、カールじいさんとオソロイになった気分になれます!
何が良かったかなぁ。
風船の色がとってもきれいだった!ってこと。
んー憧れの人がのちのち悪役になっちゃって、それがカールじいさん、かわいそうやなって思うな。
あぁ。
私カールじいさんがどうしても好きになれず。
でも小さいころ誓ったお嫁さんの夢、ずっと一途に二人で叶えたいって思い続けてるのがすごくいいなぁって思う。
私はね~。
このカールじいさんとお嫁さんのエリーが結婚して、赤ちゃんが欲しいって望んで、だけどできなくて、それでも普通の毎日が十分幸せで、そして2人は夢を持ち続けようって思ってて、だけど老いには逆らえなくて、やがて愛する人は死んじゃうっていう、「うまくいかないこと」の存在がとってもズシンときたんだ。
「うまくいかないこと」に囲まれちゃうと穏やかな自分をなくしちゃうんだろうな。
そこかな、カールじいさんがちょっと苦手やなぁって思っちゃったのは。


のだめちゃんは、すごく良いです。
玉木宏みたいな絵にかいたような??すべてがスマートな人が好きなんで、それも大変良いです。
音楽もとっても良いです。
トレビアンです。
上手とか下手とか私はあんまりわからないけど、音楽を楽しんでるのがすごく心に響くから。
私も映画の中のオーケストラの観客と一緒に立って拍手しちゃいそうになって、ここ映画館や!っとホントに焦って。
ただただ後編が待ち遠しい限り。
私、幼稚園から高校までピアノやってたんだけど。
今でもピアノのレッスンの夢を見ると、寝汗かいて息が上がってて。
それくらい大嫌いだったんです。
でも、今なら私も心から楽しめるんじゃないかなって、そう思うなぁ。
何をどうしていいか最後までわからずに弾いていたけど、私もここをこう弾きたいんだっていうのが出てくると思うんだ。
のだめちゃんみたいに才能はないけど、音を奏でることの楽しさをもう一度味わってみたい。
あとはーやっぱ恋愛の方は。
のだめちゃんは表情豊かですごくかわいいです。
好きな人であり、憧れの人であり。
近づきたいのに、離れていっちゃうようで。
物理的な距離が近いからこそ、そういう不安は大きいのかなぁ。
もっともっとってのだめちゃんが頑張る姿はすごく勇気づけられる。
だからね、私ももっと強くならなきゃって、今一度思わせてもらった。
私の2010にパワーをくれた映画でした。


23:59 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/870-dd73ac99
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。