スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ハルノカンコク18

ウィリーの休憩時間に合わせて江南へ戻った。

「何度も電話したのに何ででないの!?」と開口一番怒られる。
消費者金融じゃなかったか…。
まあその番号がウィリーってことも頭をかすめたんだけどさ。
私なら大丈夫だって☆

ウィリーも私もエスニックフードが好きで、ここで夕御飯を食べよう!って決めてたとこが学校の近くにあって。
でも私の到着時間が遅くて、結局ミニストップのサンドイッチとソーセージを食べることに…。

ウィリーの授業のあと、オッジャンやヒギュンとご飯を食べる約束をしてたから、その待ち合わせ場所に先に行っても良かったんだけど。
ウィリーの顔みるとなんか予想以上に落ち着いて。
授業が終わるまで、あと2時間くらいだし、学校で待とうと思って。
楽しんだけど、やっぱり一人で気が張ってたのかな。

カフェスペースがあるからそこで待つのかと思いきや、ウィリーは
「もうちゃーちゃんのこと先生に言ってあるから」
といきなり教室へ連れて行かれた。

!!!???

10人くらいの学生がいるんだけど、もれなく私を見るね。
で、小さい笑いが起こる…と、
もうホントに体を小さくしたよ。
いやいや、ほんとに、私こそ失笑。

で、先生に「オソオセヨー(いらっしゃい)」と。
先生は初老のおじさんで笑顔が優しそうだった。

ウィリーの隣の席へ。
恥ずかしいし、暑いわ。
勉強中に私情丸出しの参加ですみません!って感じです。
存在を消すから許してください、みたいな。

ちょっと恥ずかしさも落ち着いたところで、することもないので、ガイドブックをながめてた。
まさに、トトロで言う、突然学校にきちゃったメイちゃんのような感じ。
ウィリーに「インターネットしていいよ」って言われたんだけど、パソコンの電源の入れ方がわからず。
ウィリーに話しかけるのも悪いし…と思って。
そしたら、先生が気づいて「インターネット使ってくださいね」みたいなこと言ってくれた。
やさしい。
そんで、リンクしてる方のブログ見たり、ヤフーニュースみたり。

小さい教室。
学生はだいたい20代か30代くらいかな。
パソコンが各机にあってみんな、先生の説明聞きながらパソコンの黒い画面に何かを打ち込んでいる。
数字のような英語のような、意味不明なこと。
時おり、先生が机を回りながら質問に答えたり、チェックしたり。
ホワイトボードに書いてあることも、しゃべってることも、カケラもわかんないね。

私はインターネットにも飽きて、うとうとしてると結局は寝てしまった。
机に伏せて、これだけ熟睡できるのかというほどね。
ウィリーもみんなもその間も頑張ってたみたいで。

ウィリーの取ろうとしている資格はCCNA、CCNPっていうんだって。
企業のネットワークシステムの管理や運営ができるシスコ社の資格らしい。
オーストラリアでの就職にも役立つからって、今頑張ってるみたい。
こうやって、結果は出てないけどウィリーがやってるとこをみると、私も現実に向き合わなきゃなって思う。
やっぱり、ふたりがちゃんと自立してやっていける可能性を考えると、オーストラリア。
2010年、ホントにホントに二人で生活をスタートしたい。

13:19 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/687-02b9bc48
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。