スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 クリスマス韓国終

内容は若干汚れていますのでこうしときます。


電気毛布の熱さが気持ち悪くて床で寝る。
冷たくて気持ちいい。
ウィリーがいてベッドが狭いからだとごまかす。
あれだけ勝手に飲んで、気持ち悪い…とは言えなかった。

朝、シャワーでも浴びれば回復するかも!と試みたけど、余計に悪化↓
あぁ冷や汗。
ウィリーママが「ご飯食べる?」と声をかけてくれたけど。
ママのテンジャンチゲ、おいしいのに今回は食べれそうにないなぁ…。
そう思った瞬間何かが起った。
ドア付近のママの横をすり抜けて慌ててトイレへ。

目の前は真っ暗で立ち上がれず。
あぁ脈、微弱…。
でも、吐くと少し気分が良くなった。

ウィリーはやさしかった。

体調不良のためグダグダして、一つずつ出発時間までの予定をキャンセルする。
全身が痛くて、マッサージをウィリーに頼む。
気持ち良い。
「その手はエロ?それとも優しさ?」
そう聞くと「優しさだ」と言っていた。

出発の時間が迫る。
春川から仁川空港までは3時間以上。
ノンストップでは私は耐えられないだろうということで、少し遠回りになるけど、ソウル経由で空港に向かってもらうことにした。
そうすれば休憩ができるから。

乗る前にもういっちょ吐いてくる!と潔くトイレに向うとなぜか付いてくる。
背中をさすってくれるらしい。
押し問答後、カギをしめて1人で頑張る。

春川バスターミナルに向かう十数分のタクシーの中でさえ最高にグロッキーだった。
バスに乗って間もなく、持参のエチケット袋のお世話になる。

とうとうウィリーの目の前でやってしまったぁぁぁ~…。

ウィリーは背中をさすってくれていた。
そして、とっさにダウンジャケットで人の目を遮ってくれていたのに感動した。
「匂うよね?」と尋ねる私に、笑顔でブンブン頷くジョークも忘れていなかった。

ずっと体をさすってくれてた。
気が休まる。
「その手はエロ?それとも優しさ?」
そう聞くとまた、「優しさだ」と笑っていた。

そうか。
自分の情けなさに泣ける。
そしてダイレクトで時々迷惑をも省みない優しさにも泣ける。

ソウルで休憩する頃には少し気分が良くなっていた。

ジュースが飲みたい。
自分でもわからないけど、ここまでずうずうしいのに、ジュースを買ってという小さなことが頼めない。
バスに乗り込んで、どうしてもジュースが飲みたくてチョイとそう伝える。
何で早く言わないのと怒られつつ、買いに行ってくれた。

旨すぎるオレンジジュース。
「本当はりんごジュース(濁ってないやつ)が良かったのに…」と思っていたことさえ忘れる旨さだった。

少し気持ちに余裕が出てきて、「迷惑かけてごめんね」を言った。
そばにいるのがウィリーで、彼氏がウィリーで良かった、とも。

今回の旅行はなんでウィリーは私と付き合ってるんだろうって思った。
たまに会って、彼女がこれじゃあガッカリだろうなぁ。

大失敗☆テへッて感じだ。

あ、まだコレってウィリーの許容範囲内だな…。
そう感じた懲りない私。
また飲む気がする。

ありがとう、ウィリー。
15:34 | 未分類
comment(2)     trackback(0)
comments
No title
こんにちは。
ぎっしりつまった旅行だったんですね。
それにしても、帰国日の体調不良お気の毒でした。
実は、私も昨日からちゃーちゃんさんと同じ状況で
何度かトイレに行ってましたv-356
寝てても辛いのに、移動はもっと大変だったことでしょう。
良くなって良かったですね。
それに、彼の優しさにも触れられましたね☆
2009/01/17 14:13 | | edit posted by みかん
みかんさんへ

体調はどうですかー?
寒いとどうしても体調が崩れてしまうんですかねぇ…。
私は去年も冬に行って体調悪化したんです。
韓国の冬は厳しいなぁ。
あったかい部屋とご飯で体をいたわりましょー☆
2009/01/18 21:00 | | edit posted by ちゃーちゃん
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/643-d6744cc0
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。