スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 クリスマス韓国③

お家にはウィリーママとワンちゃんがいて迎えてくれた。

ママは変わらず笑顔で元気。
「元気だった?」とか「韓国と日本どっちが寒いとか?」
簡単な質問なんだろうけど。
ママの質問には私の耳だけが頼りで、聞こえた単語の組み合わせで想像して答える。
答えるのは英語だけどね。
少しだけ聞き取れるようになった韓国語。
「ちゃーちゃん、韓国語わかってるよ」
ってウィリーが得意そう。

室内のワンちゃんたちは皆、服をきていた。
今までは心のどこかで服を着ている犬たちに対して、「チッ…。」って思ってた私だったんだけど。
4、5匹がさもこれが普通といわんばかりに走り回ってるからさ。
「これもありだな」と思わざるを得ない状況になってしまった。
韓国の冬は寒いしねぇ。
でもケロケロケロッピの柄の服を着ているシーズーとか毛色が犬らしくない色に変わってるワンちゃんは正直…。
人間の自己満足の世界なんだろうけど。

それでもシッポをふってウィリーママやウィリーに飛びついているのをみると和むね。
私のことも覚えてくれてるのかなぁ。
でも、誰が来てもハッピーそうなワンちゃんたちだしなぁ。

コートに乗っかるワンちゃん達を汚れるといけないからと引き離し、休んできなさいとママ。
ウィリーとロベルトカルロスのフリーキック動画を見てると、柿と梨をむいて持ってきてくれた。
果物なんて久しぶりで実家みたい。

梨、今年は食べないまま秋が終わっちゃったんだよなぁ。
柿、私好みのまだ若いやつだー。

「今からごはん食べるから、あんまり食べすぎちゃだめだよ」

そんなウィリーの声をよそにポリポリとかじる。

おいしい。
ウィリーの部屋は落ち着く。


13:46 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/629-7a44ddd7
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。