スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 今日

今日、朝仕事に行くと、思い入れのあった患者さんが死んでた。

人ってあっという間に死ぬ。
ナースステーションのフラットな波形。
けたたましくなるモニターのアラームの音。
「○○さん亡くなったんだよ」と。
あれ?まだ…。もう?って感じ。

顔、見とこうと思って。
陶器みたいなオフホワイト。
…。
家族もまだ来てない。
あぁぁ。


少し前の夜勤。

エクソシスト並みのふるえ。
少し治まるまでそばに付いとこうって思った。
優しさとか思いやりの行動じゃないよ?
ただただ怖いから。

「チアキさんだっけ?見覚えがあるなぁって思ったんだ。」

あ、おしい。
ちょっと名前違う。
でも覚えててくれた?
キツイのに喋らなくていいよって、ずっと足さすって。
もう、できることないもん。

最後に交わした言葉は…。
たしか、昨日話したんだ。
「もう、電源切っておいて」
そうそう。
そんで、ラジオの電源切ったんだった。
まさか。
次の日死んじゃうの?って感じだし。


最近、夜もあんまり眠れなかったでしょ?
ゆっくり休んでください。


悲しむ間もなく怒涛の1日が始まって、その患者さんの存在なんか一瞬も思い出さずに仕事が終わって。
ふと家に帰って忘れてた涙がこぼれる。


21:55 | 未分類
comment(2)     trackback(0)
comments
私の妹も看護師をしてるんですが、病院の近くで1人暮らしをしてます。
普段は元気に働いてるみたいですが、患者さんが亡くなった時は1人でいるといろいろ考えてしまうみたいで、母によく電話をかけてきます。
常に死と向き合いながら働くのって、ほんとに大変だと思いますが、看護師さんのおかげで救われてる人もたくさんいるので、これからもがんばってくださいね。
2008/11/21 11:05 | | edit posted by しゅしゅ
しゅしゅさんへ

妹さんもナースをされてるんですね☆
やっぱり家族に聞いてもらうのって、なぜかわかんないけどすごく癒されます。
考えたこととか素直に言えるわけじゃないけど、聞いてもらうだけでも、自分の中でなんだか消化できる感じで。
家族っていいですねー。

2008/11/26 20:32 | | edit posted by ちゃーちゃん
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/606-c0181e4b
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。