スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ラブリー☆パッピンス

西大門刑務所の敷地内のベンチでしばしまったり。

博物館の中とは全く違う、穏やかでのんびりした空気で、芝生の緑が気持ちいい。
敷地を取り残すように、周りには高層ビルとかアパートがたくさんだった。
ここは韓国の人にとって、韓国を取り戻したってことの象徴で、忘れてはいけないとこなんだろう。

ウィリーのケイタイが鳴る。
ウィリーママだ!
今ソウルにいるらしい。
夜に合流して、数日のお休みがとれたオッジャンも加わって、春川へウィリーママの車で帰ることが決定する。
バス代が浮き嬉しいウィリーと、妙な緊張感に苛まれる私。


「お腹すいたー。」
夕ご飯を食べるには早い、15時頃だったかな。

「パッピンス食べよう!!」

刑務所前の大きな道路を歩く。
パッピンスよりも、偶然見かけたホカホカでおいしそうな揚げ物の山に若干惹かれる言いだしっぺ私。
太るわけだ。
小さな食堂。
ウィリーの「パッピンスありますか?」が通じない。
店員さんの??な顔。
あってもおかしくないお店に感じたんだけどなー。
春川のお国訛りがキツイんじゃないといじめる。
次のパン屋さんでは簡単に通じ、難なくオーダーし、テイクアウトにする。
ウィリーはパンやミルクも買ってた。
なんとなーくパンも日本と同じ感じがした。


近くの公園で食べる。
なんとなく歩いてたら独立門がある公園だった。
土地勘のない私たち二人がガイドブックもなく訪れられるとはラッキー。
IMG_3783b.jpg

犬の散歩させてる人や、大声で談笑するおじいさん、おばあさん。
のどか~。
大きな木の木陰。(←日本語正しい?)
風が涼しい。

ウィリーが買ったパンを鳩にあげていた。
直接手からあげようとしてたのに、落ちた餌を咥えてはすぐ遠のく。
「ソウルの鳩は用心深いなー」とかって妙にくやしそうにしてたのが笑えた。
一番に餌にがっつく鳩よりも、一歩間の遅い鳩に餌付けしようとしてるウィリー。
「バカだなー」って貶しつつも何度もトライしてるのが微笑ましくて。

パッピンス
IMG_3781b.jpg

韓国の人は何でも最初にミックスしてぐちゃぐちゃにしちゃうことが多いけど。
「これ撮りたいでしょ?」
ってキレイなまんま差し出してくれた。
ウィリーよ、わかってきたじゃないかぁ。
写真とった後は、「こうしたほうがおいしいんだ!」とスプーン2つでワッシャワッシャとかき混ぜて、無残な姿のただのクリーミー汁になってたけどね。

二人で1個のものをつつけるのは幸せだ。
フルーツのおいしいとこたくさんくれるのが、嬉しい。
でも、ブドウの皮が固くて、ぐちゃぐちゃにして出してたら嫌~な顔された。

そういうの、しょうがないさね。




12:14 | 未分類
comment(2)     trackback(0)
comments
私もパッピンス大好きです!
韓国行く度に食べたくなります。
でもいまだにテイクアウトはしたことないですね~。
お店で食べるのと同じかんじですか?
2008/07/05 22:24 | | edit posted by しゅしゅ
しゅしゅさんへ

おかえりなさーい★
私は逆にお店で食べたことがないんですよ。
女の子いっぱいのかわいいカフェとかで食べてみたいです♪
野外で、夏を感じながら食べるのよかったですよ。
容器はやっぱりチャッチくなりますが。
機会があればぜひテイクアウトで!!
2008/07/07 11:26 | | edit posted by ちゃーちゃん
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/413-5030b0c1
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。