スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 5度目のお別れ

空港には出発2時間前にはバッチリ着いたの。
まだ登場手続きも開始されてない頃だったから、2階のカフェでオッジャン、ウィリー、私で過ごす。
高いなぁ~ってみんなでワイワイ文句いいながら。
ウィリーがかわいらしくユジャ(柚子)茶飲んでた。
急に私がパッピンス食べたいって言い出したもんだから、オッジャンから
「次からは、食べたいものは事前にメモして初日に渡しておくように!!
と指導が入る。
そうだね!!いいアイディアだ(ξ^∇^ξ)!!

そろそろかなぁと思って発券のラインに並ぶ。
ところが、やっぱり旅行シーズンだからか、ラインは一向に進まず。
春川への帰りのバスも予約済みで、その出発時間はどんどん近づいてくるのに私の発券はまだまだ先。



とうとうラインの途中でお別れしなきゃならないことに。
発券を待つ人の長蛇の列の中で感動のお別れ…(´▽`;)??

ホッペを指差して
「ポポ??(チューは??)」
って聞いてみた。

恥ずかしがる男1名。
でも承ってくれました。

照れ隠しなのか勢いなのか、なぜか抱っこまでしてくれてかなり宙に浮いてました。
周りからも浮いてました(/д;)
よくそんな体重オーバーな女を持ち上げる気になるな~って思われるからいやなんだよぉ。
相当嫌がってバタバタしてしまったのでさらに醜かっただろうと。


バイバイして混雑したラインを抜けて帰っていく2人。
笑顔で大きく手を振って見送る。


はぁ…ひとりか。

まわりの賑やかで楽しそうな声が聞こえる。
周りの人すべてが幸せそうに見えて孤独感が募る。
さっきからは考えられないくらい魂の抜けた顔してるだろうな。
また少しずつラインを進んでいく。


ええッ!!??なんで!!
いきなり傍にウィリーを発見(*・・*)
「アイテナリー渡すの忘れてた!!じゃあね、またね!!」
嵐のように去っていく。

その時まで気づかなかったけど、なぜかウィリーが私の旅程表を持ってたらしい。
それがあれば発見がスムーズっていうくらいで、絶対にいるものではないんだけどさ。
とりあえずビックリしちゃったのと、もう1回嬉しかったのでドキドキしてた。

もう日本までひとり。
誰とも話すことはないし、笑顔を向ける相手もいなくなっちゃった。


機内から見る韓国は夜景が広がってた。
派手じゃないけどゴールドのネックレスが散らばってるみたいだった。

心臓が締め付けられるくらい淋しかったけど、涙は出なかった。
これからも続く日々に覚悟はできてる。

うん。ちょっとだけだけど。


13:37 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/231-acb709da
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。