スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 2月13日

■6時
朝6時頃、もうウィリーパパママは活動開始なの?と思って目を覚ますと、ルンバがリビングを掃除していた…。
こんなの。
photo02.jpg

■朝ご飯
042b_20110306131710.jpg
ウィリーママが作ってくれました。
お魚の入ったスープ。
キムパ(海苔巻き)は、ウィリーパパが朝早く起きて買いに行ってくれたらしい。
どれもおいしかったです。
洗いものは、まだ「お客さんだから!」と。
また外で食べるのと違って、こういう料理にはこういう器なのかぁとか、新しい発見。

■エステへ
photoguinot.jpg
ウィリーのお姉ちゃんが予約してくれた、GUINOTギノーっていうエステに連れて行ってもらいました。
エステはよくわからないんだけど、フランス発で、なんだか高いそうです…恐縮…。
でも、韓国っぽいお店の中で、柔軟剤の効いてないタオルが実家みたいで親近感が湧いたよ☆

顔と背中、デコルテの辺りをしてもらったよ。
「クレンジング~」とか、施術してくれる人が、最初は言ってくれたんだけど。
電気刺激のあるコロコロローラーと丸いボールみたいなのをやるときは、英語もわからないのかそのまま始まっちゃって。
なんかピリピリする!ってびっくりしました!
隣にウィリーがいてくれてよかったよ…。
でも、エステティシャンの人、感じが良くて好きだったな。

■お姉ちゃんの病院へ
新しくできた病院に、挨拶へ。
エステあとだから、スッピン+マスク、顔、テカテカでした。

047b_20110306133113.jpg
すごく日当たりが良くて広くて、きれいだった!
ちょっと、ブライダルフォト用に買った物で椅子の上が段ボールでいっぱいだけど。

病院の中を案内してもらったよ!
オペ室☆
050b_20110306133130.jpg

ペットホテル(ワンちゃんの部屋)
052b_20110306133157.jpg

キャットウォーク??
055b_20110306133208.jpg

■ネックレス
IMG_8658b.jpg
お姉ちゃんからいただきました。
ゴールドのインフィニティ。
かわいい。

■お昼ごはん
ウィリーのご両親が出前をとってくれたよ。
ご両親はジャジャンミョン、ウィリーはチャンポン、私はチャーハンみたいなのにした。
あと、餃子。
みんなからお裾分けみたいにしてもらって、いろいろ食べて。
残してもいいからねって言われたものの、余裕で完食。
ウィリーパパに「ちゃーちゃん、よく食べたね!」ってビックリされた。

■魔除け
058b.jpg
ご飯の後、ウィリーママよりウィリーと私に一枚ずつ、魔除けを頂きました。
なんか…迫力ありすぎの魔除けです。
あと、知ってか知らずか、赤いカッパを頂きました。
メルボルンは天気が変わりやすいから、欲しいなぁと思ってたんだ☆

■ジュレさん
「ジュレさんに挨拶にいくよ」とウィリーパパ。
ジュレは日本語では主禮と書くそうです。
ジュレさんは、日本でいう媒酌人で、結婚式の重要な役割を担う人だそう。
私はもちろん、ウィリーも会ったことなかったけど、ウィリーパパのお知り合いの教育庁の方。
眼鏡をかけた、凛とした真面目そうな方だった!
挨拶をして、家族の名前の読み方、ふたりの経歴、どんなことを話すか、時間なんかを確認したよ。
私は特にすることもなく、いつも通りトピックだけは聞き取ろうとリスニングを頑張った。

■式場見学
ジュレさんに会ったあと、そのままウィリーパパの車で式場を見に行くことに。
どんなところだろうってワクワクだったよー!

式場はラデナリゾートというコンドミニアム。
春川ならココっていう感じで、すぐに決まったみたいです。
結婚式は1日1組だけって決まっているようで、決まった後だけど、そういうのっていいなぁって思ったよ。
夏ならまだしも、極寒のコンドミニアムって風景的にはどうなのかなって思ってたんだけど。
とくに関係なかった!

式をするホール
condo_wedding_01_img.jpg

新婦待機室
condo_wedding_02_img.jpg
なんか、この部屋って大事らしくて。
床のカーペットが汚くて嫌だなあって思ったけど、ソファーはかわいい色☆
日本は友達の結婚式に行くと、あんまり新婦さんと話したり、写真撮ったりはできないけど。
韓国のこの写真撮影用にあるかのようなお部屋はステキだなぁって思った。

(写真はラデナリゾートのホームページからお借りしました。)


■夜ご飯
032b_20110308153137.jpg
またまた、サントリーニへ。
前日はコーヒーだけだったけど、この日は2階のレストランへ。
ウィリーご両親、お姉ちゃんも揃ってみんなで食事しました。

ウィリーの家族が払ってくれるっていうのがわかってるだけに、メニューを安い方向で選んでしまうよ。
英語もメニューに書いてあるから、オマカセっていうわけにもいかず、だからといって、みんながどれを選ぶ方向なのか、話はわからずで。
こういう時、どう出るか悩むんだよね。
「コース選びなさい」って言われて、コースの一番安いのを選んだら、「高いのにしなさい」って言われるし。
じゃあこれくらいで…って選ぶと、ウィリーママとお姉ちゃんはかわいくパスタセットみたいなの頼んでるし。
結局、値段どころか、量もいつも男前にガッツリ食べることになってしまいます…。
韓国語わかったら、空気も読めるのになぁ。

ウィリーがBYOしたワインを、テイスティングするみたいに飲んでたんだけど。
私が「ノ パクサ ヤ?」(博士なの?)って言ったら、それを家族に広められ。
その後、ひとしきり、みんなで「ノ パクサ ヤ?」ブームでした。
ウィリーママがかぶせてきたので、ちょっとビックリしたけど嬉しかったよ。

デモ、言葉づかい気をつけようと思った。

■家
いつもは、ウィリーの友達から飲みにいこう!コールがあるけど。
今回は、みんな遠慮してるのか、ウィリーがご両親から釘を刺されてるのか。
ちょっと静かな夜が続きます。
15:42 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
comments
comment posting














 

trackback URL
http://panjjackpanjjack.blog83.fc2.com/tb.php/1038-94553787
trackback
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。