スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 一息

今、5時半。
みのさんは今日も朝から元気だ。

どうしても頑張らなきゃいけないことがあり、今まで勉強してたわけだけど。
まあ、そんな偉そうなものじゃなくて、直前にならないとできない、取りかかりが遅いという致命的な弱点の産物なんだけどね。

ウィリーがなぜかこの時間まで起きててくれた。
まあ映画かゲームしてたっぽいけど。
独りでするのと、カメラ越しとはいえ存在だけでも感じながらするのって違うね。

ありがとう。
おかげで頑張れました。

さぁ、納豆ごはんでも食べて仕事まで寝よう。


スポンサーサイト
05:35 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 八重歯

来月後半、韓国に行こうと思う。
チケット予約したけどもう満席でめっちゃ高かった…。
ウォン安だし卒業旅行シーズンにもかかっちゃうからかな。
ま、いいな。
普段お金使わないし。

毎回私が行くと、彼氏は来てくれないの?って話になる。
ウィリーが来るのはもちろん嬉しいけど、韓国を旅行する方がなんとなくワクワクして楽しいし、結局お金は日本の方が高くつくし。
体裁を気にしなければいいんだけどね。

また食べたいものとか、行きたいとことか考えよう。
楽しみだなぁ!

ところで、私は八重歯があるんだけど。
笑うと見えるし、乾くと唇が下りてこないし、そこだけ口内炎ができちゃうし、コンプレックスなんだよねっていう話をウィリーにしてて。
忘れるくらい遠い昔にポロっとした話なんだけど、今回もうすぐ韓国に行くという話をすると、ウィリーママが歯医者さんを予約するみたいだよと。
お金のことは心配しないでって。

いやいや!

さすが美容には厳しい国です。
見栄えの悪い歯は即抜かれるんですね。
自分でも歯よりもまず痩せた方がいいと思うんだけどなぁ。

八重歯の命が狙われてると思うとたまらなく愛おしいものに思えてきた。
守ろう。

そんなこんなで、歯医者さんは怖いから行かないよ、と断っておきました。

21:15 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 最近の仕事

毎年恒例の緊急時の対応を、来る日も来る日も練習すること1か月。
長かったけどついに終わった。

何を優先させるか?
今しなきゃいけないことは?
誰が何をする?
家族は?

二度と同じ場面はないだろう。
どうやって介助についたらいいかとか、どんな薬や処置、道具が次に必要になるかとか。
練習しなきゃ、私には絶対できないと思うからよかった。
それでもやっぱりそんなことが起こると、落ち着け落ち着けって自分に言い聞かせないと頭真っ白になっちゃう。
ダメだなぁ。


話は変わって、ある日、患者さんに「ちょっと詩をみてくれないか?」と頼まれた。
正直、「ちょぉぉぉぉ~↓」って思ってしまった。

たくさんの患者さんがいるけど、やっぱり体調が落ち着いてる人よりは重症な人や術後の患者さんにをみるのに時間がかかる。
でも時間は限られてるからそのなかでやらないといけないんだけど。
尚且つ、ナースコールが鳴ったりとか、途中で作業が中断されちゃうと、あぁぁ…ってなっちゃう。
やらなきゃいけないことリストが頭の中で荒れ狂っていることを悟られないように笑顔で詩の講評。
それは春の訪れを詠んだとっても素敵な詩だった。
ひとつひとつの字から、雪とか梅とか雫とか美しいものが次々浮かんでくるような。
一瞬感動に浸ったけど、やっぱり焦りの気持ちは消えない。

その患者さんがわざわざ退院した後、手紙と詩の入門書を病棟に届けにきてくださった。
個人的に手紙をもらうのって初めてでなんか嬉しかったな。
やっぱりどんなときもないがしろにせずにちゃんと人の話をきくことって大切だなって思った。
やっぱり人に喜んでもらえることってあるんだな。
私も実際患者さんとの何でもない話から元気をもらえることってある。

看護師としては間違ってるのかもしれないけど。
もっと看護師としてやるべきことを見つけなきゃいけないのかもしれないけど。
それでも私はやっぱりどんなささいなことでも話ができる、用事が頼めるハンディな存在でありたいなぁって思う。


22:35 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 コス

ウィリーが友達にチョンウソンに似てると言われたらしく喜んでいた。
どこが?って感じだ。
チョンウソンは私の中では福山雅治。
何を言っているんだ??

コスっていう韓国の俳優さんがいるらしいんだけど、その人に似てるとはよく言われるらしい。
この人がコス。
#44256;#49688;
!!!!!
甘い。
こんな整った顔の人にオメオメと自分が似てるとよくもまぁ言えるなぁ。
鏡見た方がいいよと言った割に、あながち似てなくもないと思ってしまった。
おっきい黒目がちな目とか確かにそんな感じだ。
でもこんなえらのシャープさはないな。
前は佐野史郎とかパクシニャンに似ていると思ってたんだけど、痩せたからか、髪の毛が伸びて頭の大きさがカバーされているのか、メガネを変えて中和されたのか、密かにかっこよくなったとほくそ笑んでいる。

でも髪の毛を切ったウィリーを見ていたらなんだかゴールデンエッグスのアメフト部のコーチに似ていた。
ネッセサリー!って言ってる人ね。


19:44 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 これ、どうぞ

001b_20090214152018.jpg

チョコあげました?

これは、これ、どうぞメッセージカード。

11日が休みだったので、バレンタイン前の休日で活気満タンの混雑する売場でチョコを買った。
ドゥバイヨルさんのチョコなんだけど、結局一度食べたトリュフはやめてもう少し飾り気のあるカワイイものにした。
同じものを父にも買った。
さすが、私。
そうか、休日は郵便局は…ってことで、ゆうゆう窓口のある局まで歩く。
こんな日に限って、レギンスに裸足でパンプスという寒々しいカッコ。
暗いし雨が冷たかったなー。

いろいろウィリーを責めたりいじわるも言っちゃってるけど。
本やネットからいろいろ表現をかじりつつ、ウェブ翻訳かけつつ、4、5行の短いメッセージを完成させた。
文法とか翻訳にかけるとぐちゃぐちゃになっちゃうからきっと間違ってると思うけど、その辺は私、気にしない。
はい、記号記号。
○だか□なんだか…。

003b_20090214152026.jpg

私ハングル読めないから、書いた文字を音にすることはできないんだけどさ。

ハッピーバレンタイン
家に帰ってウィリーのスカイプのオンラインマークがあるとホッとするよ。
心をこめておくります。

そんなことを書きました。
うん。自己満足!


荷物の追跡をしてみると、届いてるはずなのに。
お礼の電話をかけてくるのが礼儀じゃろがぃ!
と悶々してたらかかってきた。
そうだった。
ウィリーは引っ越ししたんだった。
ウィリーママがわざわざ届けに来てくれたらしい。
そしてちょうど14日にウィリーの手に渡った。

おいしく食べてもらえたみたいで嬉しい。
一緒にシアバターとローズのフェイスミストも送った。
いい香りでいい気分になってほしいよ。
いつも私の食べたいもの、使ってほしいもの、試してほしいものを送ってるから、ホントに喜んでくれてるかわかんないけど。
でもウィリーの笑顔がみれて、よかったです。



19:09 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 独毒

自分が言葉を発した後。
ウィリーの顔見てしまった…って思う。
誰にでもある、触れられたくないとこやプライドが傷つけられること。
でも…。
しょうがないじゃん、私だって悩んでるのに。

1日何やってんの?
なんでバイトもしないの?
なんでウィリーの友達は仕事ないのにネットカフェでゲームばかりしてるの?
ウィリーだけなの?韓国中がそうなの?
卒業できるの?100%できるの?
資格取るの?どれだけ取れそうでどれだけ真剣なの?
選ぶ余裕なんてあるの?

スカイプで話すことが増えてウィリーの生活が見える。
呼びかければ応えてくれる安心感とか大きい充足感を手に入れた。
でも、見たくないものも見えてくる。
やっぱりそうだったか…ってね。
今は韓国は休みだからさ。
気ままな生活もいいと思う。
私だって大学時代はそうだったと思うし。
でも、今、それがなんとなく許せなくて、不満に思うのはなぜだろう?
私はあとどれくらい嘘をつけばいいのだろう?

私が働いてる間にこの人は何してたんだろう?
私が疲れて帰ってきたのに、この人は今から遊びに行くの?
人のお金を使って飲むお酒はどんな気分?

ため息も薬もうつむいた顔も。
ごめんねって思う一方で、なんて当てつけがましいんだと思ってしまう。


21:40 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 別府タオル

いただきもの。

大分は別府・湯布院。
大好きになった私にこの上ないプレゼント。

かなり前に写真撮ったままだった!

別府タオル。
行きたかったのに、やりたいことがありすぎて諦めたとこだったから嬉しかったよー☆

これは普通にかわいい♪
こんなチャーミングな女の子の下に書かれた、「別府温泉」の字がシブイ。
001b_20090206223512.jpg

これはお湯につけると女の人が裸になるタオル。
生えるべきところに毛も生えてる。
002b_20090206223712.jpg

お湯から上げるとすぐに服を着ちゃうから裸を見るのはなかなかレアな瞬間です。


22:38 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 ドゥバイヨルさん

バレンタインの季節。

エスカレーターを降りながら、目に入った素敵な広告。
ゴールドのチャームブレスレット。
それぞれのチャームがチョコでつくられてるの。
あぁ!かわいい☆

チョコはもう少し先に買おうって思ってたけど、売り場に向かう。
女の人人人。
みんな、そんな早くからチョコ選んでたのか?
毎年出遅れてたんだな。
疲れた体を引きずって出てきたというのに、さらなる人ごみに疲れが増す。
でも、ケースの中のかわいいチョコに思わず含み笑いしちゃうねぇ。
ちょうど、ピエールマルコリーニとかシェシバタからシェフ本人が来場ってことで、遠巻きに見てみた。
大きい男の人がかわいいチョコを作るんだなぁ。

私は去年からドゥバイヨルさんのチョコが好きになった。
これがドゥバイヨルさん。
005b_20090206222654.jpg

もちろん高くて食べれないけど、見ても幸せな気持ちになるチョコナンバーワンだったんだ。
パッケージもすごくかわいい。
003b_20090206222846.jpg


人にあげるくらいなら自分も食べたいって思ってトリュフを買ってみた。
006b_20090206222807.jpg

おいしい!

帰ってきたばかりの部屋で固く縮こまったトリュフを食べた時には、あれ?思ったほどじゃなかったなぁ…って思ったんだ。
でも、あったかい部屋に置いて少し経つと、すごくいい香りで。
あぁ、いいチョコはこうやってホッコリと食べるんだなぁって思ったよ。



22:32 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。