スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 引っ越し

最近引っ越した。

思い立ったが吉日。
そんな感じで、タイミングと気持ちとがちょうど合った時だったから。

部屋は一回り小さくなったけど、家賃は高くなった。
よくわかんないセキュリティもついちゃって。
でも、今の家のほうが断然気に入ってる。

高校まではずーっと実家で18年。
そのあと大学に行ったり、メルボルンに行ったり、就職したりで長くても数年単位で家を代わって。
ずっとこの街にいることはないだろうって思いから、必要最低限のモノで生活してた。
シンプルライフはすごく心地いいことだってわかった。

モノが少なければ、身も心も軽くいられる。
デコボコ、ガタガタが多ければ埃がたまる。
モノグサな私の手に負えないところが出てくると気にしなきゃいけないところが増える。

でも、反面お気に入りの家具とか、食器とか少しずつ増やして、身も心も落ち着きたいなぁって思いもあるけど。
それはきっと終の棲家を見つけてからだねえ。


テンプレート、クリスマスにした☆




スポンサーサイト
22:44 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 冬が来る

風邪ひいた。
電気代ケチらないで、早くエアコンつければ良かった。

土日で友達と鳥取、島根に旅行に行くはずだったのに、ちょっとした問題でいけなくなり。
鳥取砂丘いったことないんだよなぁ。
ラブ運を上げると張り切ってた友達と出雲にいってパワーをもらいたかったのに。
そして、やっぱり実家にかえらなきゃと思っていたら、これだよ。
せっかくの休みなのにさ。
いろいろ申し訳ない。

母親と電話したら
「お酒飲んでるでしょー?鼻声だから」
って。
素直に娘の風邪を心配してほしいよ?
そんなに日頃からお酒飲んでるイメージがあるのかなぁ↓
でも、お母さんの元気な声聞けて私もちょっと元気もらった。

昨日は、ちゃんとあったかいもの食べようと、夜テンジャンチゲを作った。
スープはあの黒い土鍋によそって、銀色のご飯茶碗にごはんを入れて。
で銀のスプーンね。
それなりにおいしくできて温まった。
青唐辛子パワーだ!

体だるいけど、今日は洗剤を買いに行かなきゃなんだよなぁ。
あとシャンプーも。
もう昨日なんて洗顔フォームで髪の毛洗っちゃったもんね。
意外に泡立って調子良かったけど、髪の毛キスキス…↓

たくましく生きます。
14:28 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 今日

今日、朝仕事に行くと、思い入れのあった患者さんが死んでた。

人ってあっという間に死ぬ。
ナースステーションのフラットな波形。
けたたましくなるモニターのアラームの音。
「○○さん亡くなったんだよ」と。
あれ?まだ…。もう?って感じ。

顔、見とこうと思って。
陶器みたいなオフホワイト。
…。
家族もまだ来てない。
あぁぁ。


少し前の夜勤。

エクソシスト並みのふるえ。
少し治まるまでそばに付いとこうって思った。
優しさとか思いやりの行動じゃないよ?
ただただ怖いから。

「チアキさんだっけ?見覚えがあるなぁって思ったんだ。」

あ、おしい。
ちょっと名前違う。
でも覚えててくれた?
キツイのに喋らなくていいよって、ずっと足さすって。
もう、できることないもん。

最後に交わした言葉は…。
たしか、昨日話したんだ。
「もう、電源切っておいて」
そうそう。
そんで、ラジオの電源切ったんだった。
まさか。
次の日死んじゃうの?って感じだし。


最近、夜もあんまり眠れなかったでしょ?
ゆっくり休んでください。


悲しむ間もなく怒涛の1日が始まって、その患者さんの存在なんか一瞬も思い出さずに仕事が終わって。
ふと家に帰って忘れてた涙がこぼれる。


21:55 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 誕生日プレゼント

旅行から帰ってからも上がったり下がったり。

「ヤー!! チンチャ チュグレ?(死にたいの?)」
な感じの毎日です。
「ミアネー(ごめん)」
は正直聞き飽きた。


ウィリーの誕生日だったからさ。
11月11日。
ペペロデー。

あげた。
有無を言わさず私の趣味で。

1328382_b_1[1]
韓国って年配の人も色がキレイな服着てるのが、日本と違っていいなって思う。
おばちゃんとか、キツーイって思っちゃうこともあるけど、なんか元気出るし☆
ウィリー、あんまりカワイイ色着ないからこれあげようって思って。
ダウンジャケットとかはいっぱい持ってたし、合わせれそうでしょ。

1338624_1_D[2]
モデルの男の人華奢だし、画像とは違う感じになっちゃいそうだけど。
冬だしチェックいいなぁって思ってた。
韓国ではこんな薄着でいれないと思うけどね。
「これかわいいですね」ってお店のお兄さんと話してて、よく見たらそのお兄さんもこれ着てて。
実はそのお兄さんがカッコよかったのも買った理由のヒトツ☆

1325090_16_D[1]
ポンポンかわいいんだぁ~。
私が使いたいわ!

友達とのバースデーパーティーとか家族でのご飯とかに早速着て行ってくれて嬉しかった。
キャップは好評っぽかったよう。
ウィリーが一生懸命ジャパニーズスタイルを説明したにも関わらず、ウィリーパパは「女の子みたいな服だ」と首をかしげてたようだけど。
子供っぽいチョイスといえばそんな感じだし、わかる気もするけどね。

あとはペペロデーだからついでにポッキーもいれてね。
カードも書いた。
ウィリーの行動にイライラしてた時だったから、感情を抑えるのに必死で、菩薩の心になって書いた。
そしたら、そのメッセージの内容にいたく感動してくれたようで、気持ちが伝わった気がして、なんか嬉しかった。
私は、自分のイライラを閉じ込めるのに必死だったから何書いたか全く覚えてないけど!

絶対、誕生日プレゼントとか返してくれないだろうけど。
いつか積もり積もった貸しで何か買ってもらうからなーって思う。


画像はZOZORESORTからお借りしました。

21:11 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 韓国32 乏

最後にゴルフ場にいたウィリーママの友達をお家に送り届け、私たちも出発する。
ウィリーママの友達からも、「早く結婚しなさい」って。
初めて会ったのに、どんだけだ。
思わず笑っちゃう。

「空港で食べると高いでしょう?バスターミナルの近くのEマートで、スタバでもなんでもおいしいものあるから」
財布にお金を入れようと、ウィリーの財布をあけるママ。
ほんとにカラッポでまた「アイゴー」

やだよ↓
こんな時、やっぱり韓国でも、この娘、ウチの息子にこんなに金を使わせおって~!!ってなるのかな。
日本と韓国の経済の格差。
私なるべくやれることスマートにやってるつもりなんだけどな。
早くお金の悩みから解放されたい。

最後、こんな感じだけど。
これでおしまい。

これでいいのかな。
このままでいいのかな。
日々頭の中で押し問答。
ひとりじゃだせない答えだけどさ。

思い出掘りおこしてたら1か月過ぎた。
次に会える日まで1か月近づいた。

でも、次はいつあえるんだろ?

22:16 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 韓国31 フェジャンクッ

ウィリーパパにフェジャンクッを食べに行こうといわれて用意する。
フェジャンは解腸、クッはスープの意らしい。
二日酔いの日に飲むといいスープなんだって教えてもらった。

最後くらいは…って思ってくれたのかな。
ママも一緒にみんなで。

フェジャンクッは地域やお店によっていろんな種類があるらしい。
私たちが今回食べたのは、タラともやしのフェジャンクッ。
あつあつであったまる。
卵もほどよくポーチドエッグっぽくなっててすっごいおいしかったなぁ。
確かに飲みすぎた日の朝に良さそう。

やっぱりウィリーの両親の前では写真がとれない私。
緊張するんだよォー↓

21:53 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国30 パパの提案

帰国の日。

結局朝までだらだらとウィリーとは思い出話に花を咲かせて。

ウィリーパパとママが一緒にいる時間って今回の旅行では全然なくて。
けんか中でね。
結局パパとママが一緒にいる時に渡そうって思ってたお土産も最後まで渡せずで。
ママは朝早くから友達とゴルフ。
パパは登山で朝に帰宅。

ウィリーパパとは最後の日になってやっとゆっくり顔が合わせられて。
「ちゃーちゃん、ここに座りなさい」って言われてリビングの真っ赤なソファーへ。
ウィリーはテーブル挟んで床に正座。
こわいよこわい。
ウィリーが見るからにかしこまってるから、私まで背筋ピンだ。

パパはウィリーと私、両方の顔を交互に見ながら何か話してた。
突然、私の方みて「らぁぶ」って言って。
その単語が明らかに韓国の発音じゃなくて、「あれ?」と思ったら、ウィリーパパが頑張って英語を話そうとしてた。
ちょっと吹きそうになった。

要は「二人がお互いのことを愛しているなら早く一緒にいられる場所をみつけなさい」っていうことを話してたらしい。
そして、「ちゃーちゃんの親の時間が取れるときはあるか?韓国に招待するから顔合わせをしましょう」という提案をされた。

ウィリーの存在は私の親も知っている。
両方が学生だった頃には一度会ってもらったけど。
でも今の私たちの状況は無理やり発展的にはできないと思うんだけどなぁ。
当然焦るので、私の仕事は普段人が休める時に休めないし、両親の休暇と違うから相談します、って伝えた。

最近、ウィリーと私は平行線なのに周りがどんどんそんな方向に進んでいる。
私の父も、そういうことなら冬にでもスグ!と話を進めたがるし。
だからぁ~って感じだ。
なんだ?つきあって長くなれば結婚なのか?
私自身何事もなくそうあってほしいけど?

二人が止まれば周りが進める。
これはいいことなのか?

わからんなー。


14:45 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 韓国29 おどるポンポコリン

ご飯のあとはまたボーリングに☆
ご飯とゲーム、カラオケ代をかけて。
キジャン、ミニョン、チャンギチームVSジチャン、ウィリー、私チームで。
IMG_4664b.jpg

酔っ払ってするボーリングはすごく調子が良かった。
ストライクも決まる!
酔いが覚めてくるといつもの感じに戻っちゃったけど。
ボーリングの最中によく飲んだのが松の葉っぱ(?)のジュース。
誰かがジュース買って来てくれたんだけど、
なんだろう、あれは。
すごく変わった味がしたよ。

もちろん私のチームは負けたわけだけど。

さらにカラオケへ。
韓国最後の夜だったから思いっきり遊んだ。
いつも、韓国の人達にもわかる歌選ぶけど。
なんとなく、日本でも歌わないちびまる子ちゃんのおどるぽんぽこりんを歌ったらめちゃめちゃ評判がよくて。
たぶんあのピーヒャラピーヒャラが効いた。
自分の歌を録音してサイワールドのBGMにする機能があるみたいなんだけど。
ジチャンは私のおどるぽんぽこりんをBGMにしてくれていた↓

やめてくれ。



14:04 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国28 友達

夕ご飯には、またジチャン、キジャン、ミニョン、チャンギとご飯。
IMG_4653b.jpg

その時、ジチャンの奥さん、ヒョジョンオンニから電話があって。
ジチャンとオンニの赤ちゃんの誕生祝いにと、ピンクのマントをプレゼントしたんだけど、それをすごく喜んでくれたみたいで。
今回はオンニは実家でベビーちゃんと過ごしているみたいだった。
会えなかったのは残念だけど、元気そうな声を聞いて嬉しかったなぁ。

「来年、韓国に来るんでしょ?」
ジチャンが尋ねてきた。

私、3月で退職して韓国にワーホリか留学で行こうって思ってた。
自分自身でも本気だったし、その話はウィリーも嬉しく思ってたみたいだった。
ウィリーの友達にももちろん伝わってて。
でも春が過ぎ、夏が過ぎ、秋がやってきた今。
私自身、もう1年仕事やってみようって思ってる。
ウィリーに安定した生活がまだないっていうのは、2番目以降の理由で。
古いけど、どうも、石の上にも3年っていう考えがあるのかな。
今やめちゃったら何も見えないまま終わっちゃう。
仕事はホントに辛いけど。
命の重さも、それに伴う責任も人間関係もプレッシャーも。
でも、耐えること、頑張ること、それだけでも何か意味があることかもしれないし。
努力しない性格、私自身の負い目だしね。
こんなことでさえ頑張れなかったら、どこいっても無理。
逆にいえば、これだけやったから次はもう少し上を目指せるカモ?
そういう願掛けチックな理由。
あと、周りの人を納得させたいっていう思いもどこかにあるのかな。
負けず嫌いというか、見栄っ張りというか、そんなので振り回しちゃった人には申し訳ないけど。

そんな感じで、韓国には行けないなって思ってるのが「今」だった。

そんな気持ちをジチャンに話したんだ。
こんな言い訳がましくじゃないよ?
ウィリーも悩んでることとか、難しいこととかジチャンに話しててね。

そしたジチャン、ヒートアップ。
別に友達の結婚なんて、その人たち自身が決めるんだから言うことなんてないって私は思っちゃうけど。
ジチャンはそうじゃなかったらしく、かなりのアツさで恋愛と人生の成功について語ってくれた。
ジチャンはウィリーの友達の中では異色で、オシャレさんでおしゃべりでカルいし、いつもふざけてる。
でもこの時は真剣そのもので。
そんなジチャンを横にウィリーは淡々と話を聞いてた。
ジチャンの熱さにちょっとビビった私。
そして、韓国語がわからずも自分たちのことを言われてると解りビビってる私に、何も関係ない日本の話を英語でふってくれるミニョン、キジャン、チャンギ。

なんか、何も考えてないようで、すごくこの人たちはバランスがとれてるんだなぁって思った。
やっぱ、友達ってそうだね。
だから一緒にいて楽しいんだ。
みんなそれぞれイイとこがわかってる。
だから雰囲気が壊れることもなく、誰かが誰かをフォローして、あとくされなく。

何言ってるかなんてウィリーが訳してくれるちょっとだけしかわかんなかったけど。
自分たちのことにそうやって真剣になってくれる人がいる。
そんなことが嬉しかったなぁ。



19:38 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 韓国27 ショッピング

春川明洞で買ったものたち。

3足いくらって感じのソックス。
まったくイジワルだよなぁって感じのアイラブ独島靴下。
ウィリーがコレがいいんじゃない?と言って勧めるので買ってみた。
よく道端の露店で見かける辛ラーミョン靴下。
もうひとつクマさん靴下を買ったんだけど、もう仕事ではいて汚くしちゃった。
001b.jpg 002b.jpg

いつも韓国気分でご飯を食べれるようにと。
003b.jpg 005b.jpg

体を洗うためではなく掃除用に。
004b.jpg

唯一(?)、お家に遊びにきた友達から評判の良いスリッパ☆
これ、かわいいよなぁ~。
006b.jpg

あとはEマートでお菓子をたんまり。

ウィリー家に帰った時、大きな袋を見たウィリーママに何を買ったのか聞かれた。
やっぱり反応は「アイゴー」でした。
「お菓子は日本のほうがおいしいでしょう!?」って。
韓国食器を買ったことについてはもはや理解不能の様子でした。


13:08 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国26 春川明洞

お土産散策に春川の明洞(ミョンドン)へ。
明洞っていってもソウルのそれとは違って規模も小さいし、活気も違うけど賑やか。
ヨン様とジウ姫のポスターとか、手形とか未だに頑張ってる。

入口のほうは若い人向けの服とか雑貨とか化粧品とか。
少し進むと食料品や日用品売ってて周りにはオバサンたちが増える。
一歩、横道に入ると薄暗いディープな世界☆
IMG_4644b.jpg
入るの本気でためらっちゃうような食堂とか。
お葬式やってるらしい歌声が聞こえてきたりとか。
豚の頭はその辺りにさもこれが普通とばかりに置いてあるし、スンデのグネグネの塊の上をハエが飛んでる。
IMG_4646b.jpg IMG_4647b.jpg

お祝い用の砂糖菓子はきれいな色☆
IMG_4648b.jpg

ホカホカの揚げパン売っててさっそく食べる。
二人で換えっこしつつ。
IMG_4642b.jpg IMG_4643b.jpg

韓国コスメとか、買ってみようかとも思うけど日本のがイチバンって思っちゃうし。
ウィリーのカワイイという服は制服チックで嗜好を疑っちゃう感じだし。
まあ、きっと入らないけど。
結局、食べ歩きとちょこちょこした買い物。

明洞の地下街もあった。
ピザ食べる。
IMG_4650b.jpg

一休みにトッポキ。
って、本当に食べてばっかり。
IMG_4651b.jpg

12:50 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国25 小枝

南春川駅。
日差しが強くて汗をかくくらいだった。

タクシー乗り場はすごい混雑だったから、少し歩いた。

気になっていたこと。
ウィリーはよく私の手首を掴んで歩く。
ちょっと怒れる。
「モノじゃないんですけど。彼女なんですけど。」

「手はひっぱると折れちゃいそうだから。」


実際、ピアノで少しばかり大きくなった私の手は男の人にしては小さめの手をもつウィリーとおんなじくらいなんだけどな。
コッソリ、そんなことを思いながらも、少し華奢なオンナノコになった気分だった。

そして乗ったタクシーに遠回りされてまたぼられる。
…。

11:57 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国24 ムグンファ号

半日遅れで春川に戻る。

初めて電車に乗ることになってワクワク。
ソウルから春川に行く一つの手段としていつもガイドブックに載ってた清涼里(チョンニャンニ)駅。
私の中でけっこうなアコガレ度で、ひそかに感慨深かった。
IMG_4606b.jpg

そこからはムグンファ号。
ムグンファとは韓国の花、むくげのことだそう。
むくげってどんなんだろう?

朝ごはんのトーストを駅で買う。
チーズが挟んである。
メニューによってはハムとか卵ね。
味はみたまんま、ちょっと甘い。
IMG_4610b.jpg

ついに乗る日がきた、夢のムグンファ号。
IMG_4611b.jpg IMG_4636b.jpg

車内から見える景色。
ステキすぎる。
IMG_4629b.jpg IMG_4631b.jpg

車内はすごく寒くて、暖をとるためにウィリーに頼ろうと思ったけど爆睡で。
ヒトリで少しばかり日のあたるデッキでひなたぼっこ。
ウィリーがそばにいなければ、地元のローカル線にいる感じだったな。

南春川駅へ到着!
IMG_4637b.jpg IMG_4638b.jpg


18:18 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国23 L

L  change the world

デスノートがふたりとも好きでそれぞれ自分の国で見てた。
時期はやっぱりずれてたけど。
しかもウィリーのほうが先にネットでダウンロードして見てたりしてたけど。

ホテルのビデオにちょうどこれがあった。
ウィリーは既に見ていて話の流れも理解できてたみたいで。
日本語音声に韓国語のサブタイトルで見た。


おもしろいし。
その後帰る日までウィリーはことあるごとに、Lのパソコンのタイピングとか走り方の真似をしてて。
笑った。

ごろーんとだらけながら、一緒の映画観れるってなんてすばらしいことなんだ。


17:38 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。