スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 韓国22 ショゲる

水原(スウォン)から春川(チュンチョン)まで電車かバスで帰ろうと時間をチェックすると、もう最終が既に出る時間だった。
IMG_4605b.jpg

結局ソウルにもう一泊することが決定し、水原からソウルまでまた地下鉄の旅。

ウィリーは春川まで帰れないことにすっかりしょげてて。
そのショゲ具合は半端じゃなかった。
普通じゃなかったんだ。
たぶん、お金が底を尽きて、お姉ちゃんのカードを使わなければならなくなったことで、そのプライドが傷ついたんだろうなー。
私もいつも払ってくれるからいいやと、クレジットカードを彼の部屋に置いてきてて、こんな時に役立たずで↓
あとは、友達が私たちの帰りを待ってくれてたみたいで、時間をうまくコントロールできなかったのもくやしかったらしい。

ウィリーはとても頑張り屋だと思う。
他の日韓カップルさんとかの話聞いたりすると、もっと彼氏としてやるべきことやれよー!社会的なステータスを持てよー!って思う時もあって、ウィリーのその頑張りが大したことなく見えちゃうときもあるけど。
私もその不満とか平気で本人にぶつけちゃうしね。

ほんとはじゅうぶん。本当に。

いい仕事もそうそう見つけられない社会だと思う。
お金だって、リタイア後に書とかゴルフとかやってる家なら両親に頼めばいいじゃんって思うのに、金利のつくところからお金を借りてお姉ちゃんから怒られていたりする。

頼りにしてるけど、そこは止めてというところをやっちゃうから、危なっかしいというかイマイチ絶対的な信頼がおけないというか。

最近精神的に不健康な人が多い気がする。
ホントになんでだろう。
世界的にそうなのか?
私の周りにそういう人が多いのか。

薬飲んでたりとかカウンセリングもしてたしね。
日本だったら少しくらい薬の知識もあったのに。
ハングルで書かれてる説明書じゃ何もわからない。
電話越しの声とか話す内容が唯一の手がかりだったし。
実際に顔見たら、なんだ!いつものウィリーじゃんって思って安心したけど。
ふとしたとこで、弱さとか自信なくしてるとこが垣間見えちゃって。

「家族になろうよ」

なんか口をついて出た言葉だった。
自分でもびっくりした。
ウィリーもびっくりしていて聞き返していた。

これって結婚しようって意味にもとれると思うんだけど、私としてはそうじゃなくて。
彼女としてだったらできないことも、家族としてならできる気がして。
もし、ウィリーが私を大切な存在として認めてくれるなら、ぜったいそばにいるのがいい気がする。
なんか、力になってあげたいというか、私といたら絶対に幸せにするのにっていう思いがこぼれたというか。

んーよくわかんないよな。
でも、私にもできることあると思うんだよね。
微々たることでもね。

だって元気になってもらうこと、仕事にしてるんだよ?
大切な人に笑顔でいてもらわないと、こまるんだよね、わたし。


そうこうしてるうちにソウルに到着。

スポンサーサイト
22:18 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 韓国21 水原カルビ

お城で死ぬほど歩いた後にご飯へ!!
水原といえばカルビ。
それも少し違うそうで味付きのカルビが有名らしい。

お城のまわり歩けば名物なんだからたくさんあるでしょー、とぶらぶら。
一向に見つからず、市場へ迷い込む。
衣類ばかり…。
IMG_4601b.jpg

けっきょくタクシーで連れて行ってもらう。
降ろしてもらったところに適当なお店があった。
それでも少しでもおいしいところを!とふたりで疲れた足でブラブラと吟味しつつ、結局もとのお店へ。
IMG_4602b.jpg

カルビ…味ついてなかった…。
でも、おかずもご飯もケランチムもおいしかったし☆

ウィリーはさ、テンジャンチゲ(お味噌汁みたいなの)にいつもご飯をおとして、ネコマンマにして食べる。
韓国ではどうなのかわかんないけど、日本ではあんまり良しとされないからあんまりすることはなかったけど。
今ではすっかりそのおいしさにハマってる。
ほんとにおいしそうに食べるから一緒に食べててすごい楽しい。

この写真好きなんだ~。
IMG_4604b.jpg


21:17 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国20 水原華城

韓国民族村から一度、水原駅に戻る。
民族村での時間はあっという間に過ぎて。
いろいろ見るとこあったからなぁ。

次は世界遺産の水原華城へ。

さて、行こうか!と思ったのはもう3時過ぎだった。
模範タクシーと、普通のタクシー。
普通の方には長蛇の列!
時間もないのでリッチな方のタクシーでお城に向かう。
ほんとに静かでいい車。
IMG_4579b.jpg

下ろしてもらったのは長安門。
お城の4大門のひとつの北側の門なんだって。
IMG_4580b.jpg

門の下はこんなきれいな模様。
IMG_4584b.jpg

そろそろ日も沈んで夕焼けが。
すすきが風に揺れててまさに秋の風景。
IMG_4585b.jpg IMG_4590b.jpg

まだね、この時は軽いお散歩気分ではしゃぎつつ、ウィリーのバカな言動につっこみつつ、呆れつつ楽しく歩いてた。
そんななか、「そろそろ帰ろう」って言い出すウィリー。
何言ってんだ!、と。
これは1周歩いてこそ雰囲気が掴めるってもんじゃないかー、と。
もっと歩こうよ、とやる気満々で歩く私。

しばらくして、俄然、急な階段が増える。
それも、ちゃんとした階段じゃなくて、それぞれの段差がまちまちでさらなる疲れを呼ぶ。
雲行きあやし。
すれ違う人もだんだん少なくなってきたのに、引き返すにも引き返せない距離で、街に降りる道もないのでヒタスラ歩く。

もうね、ウィリーは完全なるスパルタで私を歩かせた。
軍隊だね。
「軍隊ではこんなの何でもないよ」というけど、私、軍と縁ないしね。
マラソン大会が私の限界なのに。
「ちょっと休もうよ?」と言っても全然だめで。
言えば言うほどSの血が騒ぐのか、ほんと手を繋いで…ではなく引きずって行かれた。
本当に辛すぎて泣きそうだった。

写真、撮りたいから!と理由をつけてこっそり休憩。
IMG_4595b.jpg

もうねこの写真のあたりなんか、人っ子ヒトリいなくて。
暗い道をひたすら歩いた。
走っていって、おばけの真似をしていた。
どうでもよかった。
IMG_4596b.jpg

やっと街が見えてきてここで強制終了!
階段に座ってしばしの休憩タイムが許可された。
続くライトアップされた城壁と水原の街。
すごくきれいだった。
IMG_4598b.jpg IMG_4600b.jpg



久しぶりに死ぬかと思った強烈な思い出。

実際は1周すると2時間くらいらしいけど、廻る方向でかなりの差があるんじゃないかな。
階段を上るのはやっぱりきついし。
日本に帰って私たちはいったいどこからどこまでを歩いたんだろう?と水原華城のホームページを見てみたら、長安門から南砲樓と呼ばれるところまでの約半分だった。
あれで半分か…とぐったり。
それもガイドブックに乗ってるような八達門という水門にはまだめぐり合えていなかったことを知ってカナリのショックをうけた。



ここにリベンジを誓う。

もう一度行きますよ、華城。
また違った景色を見せてね。

23:25 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑲ 民族村でゴハン

ネンミョン(冷麺)
IMG_4573b.jpg

キムチチヂミ
IMG_4574b.jpg

韓国民族村で食べたご飯。

お店のおばさんがすごく良かった。
んー。
特に何かしてくれたってわけじゃないけど、ウィリーがご飯をとりに行ってひとりでぽつーんと残ってる時とか、目が合ったらにっこり笑ってくれたり、感じの良い人だった。

18:59 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 韓国⑱ 韓国民族村

水原駅に着いた後、すぐ隣の観光案内所で情報を集めに行く。
シャトルバスの時間もあり、先に韓国民族村へ。

無料シャトルバス☆
30分やそこらですぐに到着。
IMG_4552b.jpg 

駐車場から既にかなりの大きさで、車の入りも多かったし韓国の人にも人気のスポットっぽい。

IMG_4554b.jpg IMG_4575b.jpg

入ってすぐにあった大きい石。
願い事を書いて結びつける。
ウィリーは何書いてるかなぁと思ったら、"ちゃーちゃんとフォーエバー"のようなことが書いてあった。
表情ひとつ変えずサッサと結び付けていたから、何もつっこめなかった…。
私は"また韓国にこれますように"ってね。
ウィリーが日本に来た時に引いたおみくじ(大吉)をおもむろに財布から取り出して一緒に結び付けようとしていたので、それはとって置いてイインダヨと教えてあげた。
IMG_4553b.jpg

200年前くらいの家屋の再現らしい。
天気も秋めいてきてて気持ちよくて。
家屋の植物の秋らしい色と、人が着てる民族衣装のビビットな感じがすごく良かった。
IMG_4557b.jpg

なんとなくイライラしていた牛。
そしてポシンタン(犬のお鍋)など食べれないほど犬を溺愛するウィリー。
IMG_4556b.jpg IMG_4560b.jpg

石臼で大豆を引くと真っ白などろどろのお豆腐が。
豆腐って昔はこうやってつくってたのか…。
IMG_4562b.jpg

韓国の昔の裁判官か警察官が着てた衣装らしい。
私の帽子が浮いてるのは、アップにしてたからだよ。
IMG_4565b.jpg

また、食べる食べる。
古い家の縁側でおばさんが栗を焼いて売ってた。
秋だねぇ~。
剥くの上手でまた私は食べるだけ。
綱渡りの芸を見ながらふたりでポリポリ。
ネギマは日本と同じ味。
IMG_4563b.jpg IMG_4566b.jpg

韓国風東屋(?)でのんびり。
IMG_4567b.jpg IMG_4568b.jpg

石の上に石を積む。
願掛けのような感じだと思うんだけど。
日本でも鳥居の上に石を載せたら願いが叶うって言うけど、そんな感じかな。
IMG_4570b.jpg
この木の近くにあったお化け屋敷。
すごい怖かった。いや、でも楽しかった。
この前も友達とお化け屋敷にトライして入り口に引き返した私ですが、今回は出口まで行けたよ。

ウィリーは何でも「アレやってみよう、コレやってみよう」って誘ってくれる人で。
子どもみたいといえば、まさにそんな感じ。
私は普段、見てるだけでいいやって思ってしまうんだけど、韓国だからか、ウィリーのペースにはまっちゃうからか、すごく一緒にやって楽しいって思うことが多くて。
いつも受け身な自分だけど、「あれやりたい」ってなんか自分から動き出してる感じで不思議。

他にもさ、昔の韓国の遊びとか文化や衣装の体験がたくさんできて。
ここはホントいい観光地だと思います。
もっと時間があればなぁ。


13:02 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 韓国⑰ 地下鉄の旅

4日目。

この日は水原華城(スウォンファソン)に行く予定で。
そして、少し足を延ばして韓国民族村(ハングッミンソクチョン)も。

地下鉄で水原まで向かう。
電車で行く方法もあったみたいだけど、乗り替えとかを考えて地下鉄で。
ソウルの地下鉄ってけっこう遠くまで伸びてるなぁって思う。
地下を走ってない気がするけど。
IMG_4549b.jpg

ホームでイチゴミルク飲む。
日本にいるときは、あんまり飲みたくないものや食べたくないものまで手にしてしまう。
ウィリーは、ココアみたいなのとチョコバー買ってて。
甘いもの好きだよなー。
オーストラリアにいた時も彼はよく飲んでたなぁとこっそり懐かしんだ。

ホームで本を売ってる自販機があった。
血液型の本で、日本人が書いてる本が翻訳されたもので。
A、B、O、ABってそれぞれ一冊になってるやつ。
韓国の人もけっこう血液型を気にしてるような気がする。

ちなみにウィリーはなんとなくA型コンプレックスがあるような気がする。
いいと思うけどな。

そんなこんなでトイレのない地下鉄で2人とも最大限の我慢をしながら水原へ。
駅の前はひらけてて、けっこう大きな街なんだなぁという印象。
IMG_4577b.jpg


12:16 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑯ アラワレル

IMG_4546b.jpg

若干、こういうの書く事は躊躇してしまうので。
お目汚しにもなっちゃうと思うので。
すんません、こうしておきます。

more... »

01:31 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑮ テジカルビ

花火の後、1時間ほど63ビルのIMAXシアターで過ごす。
スイスかどこかの北欧の国の登山家の話だった。
雪山とか風景はさすがにきれいだったけど、韓国語の吹き替えで内容わからず。

人ごみを避けるのにもちょうど良いかと思ったら、上映が終わって外に出てもなおすごい人だった。
大方(テバン)駅まで歩く。
テロリストの話しながら。
なんで、こう、話題が甘くならないんだろうか。

大方駅から佛光(ブルグァン)駅へ。
ちょうど行きたいホテルがそこで。
地下鉄の駅周辺でご飯。

テジカルビ☆
IMG_4547b.jpg
味がついててこれもまたウマイ!
やっぱりコンナムルをおかわりする。

IMG_4548b.jpg
2人で焼肉食べるのって不思議な感じ。
いつもみんなでワイワイやってるからかな。
でもソジュとかお酌しあって乾杯して飲むの、いいね。

ウィリーはいつも韓国方式っぽく片手を胸に当ててお酌する。
別に私なんだからいいじゃんって思うけど、それを見るのはなんか好きで。

肉を切るのは男の仕事なんだってさ。

オーダーするのも。
焼くのも。
切るのも。
お皿にとるのも。
巻くのも。
口に運ぶのも。
もっと食べろと言うのも。
払うのも。

全部やってくれてる気がするけど。


ありがとう。

オッパ(お兄ちゃん)とは呼ばないけど、ほんとオッパって感じです。

20:51 | 未分類
comment(5)     trackback(0)

 韓国⑭ 花火大会

63ビルに着いたのはちょうど花火が始まる30分くらい前。
エレベーターでぐんぐん上がっていった。

本当に圧巻の夜景。
車の流れが溶岩みたいで。
本当に美しい。
ネオンももちろんきれいだったけど、人の多さもハンパなくて。
漢川沿いにひとがぶわ~っと。
IMG_4531b.jpg IMG_4534b.jpg

展望階ではキティちゃん展をやっていた。
不思議なキティちゃんがたくさんいた。

もう花火が見えるであろう場所は人がいっぱいで。
全然関係ないところで、ビールとトマトジュースを飲み、お菓子を二人でポリポリ食べた。

結局63ビルから花火は見れなくて、下から見ることに。

打ちあがる花火。
超高速で降りてくエレベーター。
エレベーターの中で見る花火はこれまたきれいで。
おじさんが「ゆっくりゆっくり!!」って言ってて、みんなは笑ってすごくいい数秒だった。

降りて向かったところは駐車場。
奇跡的にちょうど良い場所で、ふたりでアスファルトの上に体育座りして見た。

胸に響くあの音。
なんで心臓が痛くなるんだろうねー。
IMG_4545b.jpg

全然ロマンチックな感じでもないし。
「花火より、君のほうがキレイだよ」なんて、そんな嘘みたいなセリフはやっぱりドラマの中だけで。
花火をどうやって打ち上げるかの話とか、自分だったらどんな花火を作るかとか、全然ムードないけど。
でも、ふたりでお菓子食べながら、いろんな話して笑けながら見た花火。
わすれないよ。


00:23 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑬ 移動

夜にある、ソウル世界花火大会のため63ビルに移動。
IMG_4527b.jpg IMG_4528b.jpg

汝矣島(ヨイド)駅だったかなー。
乗り換えの駅からもうすでにびっくりするくらいの乗車率で。
たぶん東京の朝の混雑ってあんな感じなのかな??
まさにギュウギュウに押し込まれる。
ほんとにぐったりしちゃった。
「ほんとに行きたいの?」って確認されてしまったよ。

降りた駅から63ビルまではタクシーもあったけど、道もけっこうな混雑で歩くことになった。
本当にかなりあったと思うけど。
みんなが同じ方向を目指しててまさに民族大移動。

屋台のお店見るたびにウィリーが
「あれ食べる?そのかわり、あれが夜ご飯だけど」
って聞いてくれて。
その聞かれるたびに食べたな。
餃子とか、イカとか、おでんとか歩きながらすごい食べた。
なんで歩きながら食べるとおいしいんだろうね~。
IMG_4529b.jpg

暗くなると、きらきらのライトとか、綿あめ売ってる露天とかが出始めて、お祭りってかんじ。
日本みたいに浴衣の女の子とかそういう趣はないけど。
涼しくなった季節のお祭りもいいなぁって思った。
コンビニでスナック菓子とかビールとかジュースとか花火に備えて買いながら63ビルをひたすら目指した。



23:22 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑫ COEX

Tmoneyで便利になった地下鉄の旅。
三成(サムソン)駅からすぐのCOEX。
ショッピングモール。
買い物もご飯も映画もできちゃうような所でした。
制服の子もいれば、家族連れも、カップルも。
IMG_4502b.jpg
お店もたくさんだったけど、ショッピングは全然しなかったなー。
買い物して休憩してまた買い物してって、1日中楽しめそうなとこ。

私たちのお目あてはアクアリウム☆
63ビルよりもCOEXのアクアリウムのほうがいいとの噂を聞きこちらへ☆
IMG_4505b.jpg IMG_4506b.jpg
前に日本のカップルがいて。
女の人はお花とかもらっちゃったりして、すごいいいなぁって思ってたんだけど。
聞こえてくる日本語が文句ばっかりでさ。
なんとなく、あ~ぁって思っちゃった。
けっこう展示も魚で遊んでる感じがあるんだけどさ。
「かわいそうー!別にそんなことしなくてもいいじゃん!」って、ブーたれてて。
韓国を旅行すると、ハッとしちゃうような色彩感覚とか、想像しなかったようなアイディアとかに楽しませてもらうことって多くて。
人のこと楽しませるっていう意識がすごい強いんじゃないかなぁって思う。
私はそういうの好きだし、楽しいって思うけど。
魚目線だと、うわっ、キツイなーって思っちゃう人もいるのかもしれない。

ちっちゃい魚がたくさん、キレイ。
ピラニアの前に留まり、観察を続けるウィリー。
なんでそんなの好きなんだろ…。
IMG_4510b.jpg IMG_4512b.jpg

たぶん私たちの声が届いたであろうこの動物。
すっごいこっち見てたもんね。
IMG_4520b.jpg

トンネル。
IMG_4522b.jpg

知らない生き物見て、すごいねー!って盛り上がったり。
見て見て!って言って同じもの見れたり。
普通のデートっぽいデート、楽しかった。

IMG_4525b.jpg IMG_4526b.jpg


帰りの道路、なんとなく警察の車両が多かったりとか、放送で北朝鮮がなんとかと言ってたみたいで。
ウィリーも、「地下に行ったほうがいいのかなー」なんて神妙な顔つきだったけど。
何だったのかなー。
どうせ訓練みたいな感じでしょ?って言ってはみたものの。
休戦中の国でした。

20:35 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑪ T-money

欲しかったんだ~。
IMG_4670b.jpg
T-money。
韓国の地下鉄とかバスで使える運賃がチャージできるカード。
もちろん、カードタイプもあるんだけど、これはアクセサリータイプ。
これでどうやってピッとできちゃうのか、不思議すぎ。

ソウルについて、セブンイレブンで買ってもらった。

最初、カードタイプの買いそうになってた。
「違うよ!私はアクセサリーになったのが欲しいんだ」
と、ちょっと割高になっちゃうけどワガママをいってみる。
ウィリー、別に君のは普通のカードでいいんだよ。
色違いのおそろいにしなくても。

乗るたびに地下鉄の構内で切符売り場探して、あのちっちゃい黄色い切符買って。
小銭消化できるけど、どこにしまっちゃったかわかんなくなったりして。

これ、私がソウルナビで調べたんだからねーとちょっと自慢。
ちょっとシティの人間に近づけました。


17:25 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 韓国⑩ 朝ゴハン

10/4。
この日はソウルで花火大会がある日で。
行ったり来たりになちゃうけど、私がどうしてもということで、わりと早起きしてソウルに行くことに。

春川のバスターミナル付近のご飯屋さん。
私たち以外お客さんは誰もいなかった。

私、カルビタン。
IMG_4500b.jpg

ウィリー、ソルロンタン。
IMG_4501b.jpg

あー。
おばちゃんがふたり黙々と働いてるだけの静かな店内。
朝のスープはほっこり癒されるなぁ。

17:07 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑨ ウィリー友と

ボーリングへ☆
何して遊ぼうかになると、私、ビリヤードもダーツもへたくそだし、だからといってボーリングができるわけじゃないけど、英語ナシでもお互い言葉いらないし。
そう思ってボーリング!って言ってみた。
眠そうなチャンギをお家まで起こしに行って、ボーリング場でキジャンと合流。
IMG_4459b.jpg
キジャンとチャンギ。
IMG_4460b.jpg IMG_4461b.jpg
キジャンの他は、みんなそんなに上手じゃなくてさスコアは70くらいをさまよってる感じで。
まぁ私が最下位なのは言わずもがなですけど。
でも、すごい盛り上がってめちゃおもしろかったなー。
あの、ハイタッチなノリ、久しぶりですごい元気出る。
高校生に戻った感じだったよ。
「ガビ!」って「おしい!」って意味なんだっけな。
みんな「ガビガビ」言ってた。

おなかも空いて夕ご飯へ。
またもやサンギョプサル!
あ、でもこのお肉はそうじゃないかな。
IMG_4464b.jpg IMG_4468b.jpg
シメで必ずご飯や冷麺を食べるけど、銀色のお弁当箱に入ってるご飯だった。
これを網の上で再加熱して食べるのね。
変わっててなんかおもしろい。
半屋外な感じのお店で、開放感もあってすごく心地よかった~。
IMG_4465b.jpg
途中でヒトリ男の子が合流。
名前忘れちゃったなぁ。
テディベアの描かれたパーカーきてて、ウケを狙ってるとひやかされてたけど、すごくかわいかったなぁ。

ご飯だけで終わるはずがなく、パブへ。
「ニージュ、ニージュ」って言ってるから、何のことかと思ったら「NEED YOU」っていう名前のお店だった。
ふっかふかのソファーでお店のライトも薄暗くて顔の赤くなるの気にせず飲める。
IMG_4469b.jpg IMG_4470b.jpg
オッジャン、オグァン兄弟も合流してでっかいジョッキをみんなであける。
お店のお姉さんがおつまみをサービスしてくれる。
なんだっけ…ソジュのグラスを大きいビールのグラスに沈めてのむやつ。
タイタニック?
あれ、もうゲームとかじゃなくて、ソジュのショットグラス、もう沈没してしまったのが私の前に置かれてたからね。
なんて、強制的。

そのあとはカラオケへ。
オグァン、日本大好きだからバンプオブチキンとかガンガン歌ってくれてさ。
ラフメイカーは、なぜかみんなも知ってて盛り上がる。
最後に天体観測歌ってもらったら、ダウンしていた。
IMG_4471b.jpg IMG_4481b.jpg

またアラジンふたりで歌った。
IMG_4493b.jpg

ウィリー家へ帰って、ふたりで横になってさ。
「友達の彼女で、セクシーな子とかかわいい子とかいるけど、実際そんなにみんな仲良くなれないんだよ。でも、ちゃーちゃんのことはみんな好きなんだよ」ってウィリーに教えてもらった。
はいはい、どうせセクシーじゃないし、かわいくもないっす。

でも、私もウィリーの友達のこと大好きだからさ、気持ち伝わってウレシイよ。


02:13 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 韓国⑧ ワンコ

わんちゃんいっぱい。
行く度に毛の長さが違うから別の犬みたいで結局何匹どんな犬がいるのかわかんない。

イメージでは高貴なヨークシャテリアなのに短毛で妙に庶民的。
韓国の発音だと「シジュ」なシーズー。
IMG_4449b.jpg IMG_4447b.jpg

今年の夏に1匹死んだおっきい犬たち。
最初に行った時は4匹いたのに、今は2匹になっちゃった。
IMG_4640b.jpg

でけぇ!
IMG_4641b.jpg

ワラワラとやってくるから、とりあえずバンザイしてウィリーが避けてくれる間に通る。
それでもよだれだらけ…。

19:11 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑦ お姉ちゃんと

ウィリーのお姉ちゃんに挨拶をしに病院へ。
獣医さん。
今年、博士になったというから、とっても努力家なんだろう。
家にはあの四角い帽子とケープを羽織った写真が飾られてた。

あずき色の術衣がカッコイイ。
写真撮らせてもらおうとしたら恥ずかしそうだったけど、撮れたの見せたら満足そうだった。
IMG_4457b.jpg

「早く結婚しなさい」って言ってた。
でも、お姉ちゃん、自分の結婚にはあんまり興味がないらしい。
自分の仕事に打ちこめて、もっと極めようっていう姿勢、すごいと思うんだよね。
逃げてないっていうか。
あんなふうに私も何かに取り組めたらいいな。
今の私にとってはたぶん結婚って一種の逃げ的な選択になってると思うし。
ウィリーも準備できてないのはもちろんだけど。
私も自立しつつあるとはいえ、もうちょっと発展的な考えが持てるまで…って思ってる。

次の日ソウルに行くという話しをしてると、帰りにウィリーに自分のクレジットカードを渡してた。
ちょ…そんなにねだらないよー。
私だってウィリーが困らないくらいは払うのに。
というか、ウィリーよ!
周りが心配そうです。
安心させてあげてください。

プレゼントをもらった。
帰りの車で開けてみるとお財布だった。
私、7年くらい同じ財布使ってて。
味が出るという域を超えた、人によくつっこまれるくらい小汚い感じになっててさ。
でも愛着があったし壊れないからなかなか替えれなくて。
それをウィリーが伝えたのか知ってたみたいで。
IMG_4668b.jpg
ルイカトルズっていうらしい。
価値のわからない女ですみません。

お姉ちゃんとウィリー、7:3でお金を出し合って買ってくれたらしい。
お姉ちゃんありがとうございます。
ウィリーもありがとう☆

うれしいです。

18:47 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑥ ウィリーママと

ウィリーの家へ。

私が行く何日か前からウィリーパパとウィリーママはケンカ中で。
なるべく顔を合わさないように生活してるらしかった。
時々ウィリー家では大きなケンカが起こっている。
まぁ程度の差はあれ、どんな家にも起こることだしと思ってるけど。
けっこうウィリーはこれに小さい頃から心を痛めてることがあるみたいで。
ウィリーのメンタル的な部分も…。
ま、いいや。けっこう深刻になっちゃうから濁そう。
まだ、私の心の中だけで十分な問題だから大丈夫。

家に着いた時少しだけウィリーパパと挨拶をして、その後パパはすぐに出かけていった。
会ってすぐ出かけるとか、やっぱ私嫌われてるんじゃないかって、すごく心配になった。

ウィリーママはビルの下の階にある焼き鳥屋さんの準備をしていた。
オーナーがしばらく不在らしくその間はママがお店をしている。
…オーナよ、なんて自由なんだ!引き受けちゃうママもなんだかスゴイ。

お店に入ると、笑顔のママがいた。
「あくす~(握手)」
って言って、私の手包んでくれた。
すごく嬉しかった。

お店はこんな感じ。そしてタコチ!これはテリヤキ味。
IMG_4454b.jpg IMG_4453b.jpg

ウィリーが上の階に荷物を置きに行くと、私とママ2人になる。
何か話さなきゃと焦ってるとママのほうから「キレイになったね」ってなことを言ってくれた。
イヤイヤ!と自分のホッペとお腹を指差して、太ったでしょう??ってことをアピール。
「大丈夫」ってなことを言われてた。…気がする。

私も何か話しかけよう!!

ママの首もとにキラキラひかるアクセサリー。
とりあえず褒める!!
「モッコリ、ビューティフォー!(ネックレス、きれいですね!)」
韓国語話そうと思って、テンパッて英語まで無茶苦茶になる↓
「アクセサリー好きなの!?」みたいなことを言って奥に消えてったママ。
IMG_4667b.jpg
これと、鏡を持ってきてくれた。
うはぁ~!どうみてもシャネルじゃないシャネルだ☆
鏡があるってことは着けていいのだな、ととりあえずつけてみる。
悪意のないシャネルのパロディだと思えばカワイイ。
でも。
韓国語がわからず、くれるのかわかんないし、ただつけてみろって言われてるだけなのに、「ありがとうっていったらイヤらしいし…」とそんなこんなでアタフタしてるとウィリーが戻ってくる。
ウィリーに確認して、贈り物だということが判明。
「ソンムル(プレゼント)!!」
あー、プレゼントのことソンムルっていうんだったな…。
日本の人は小さいデザインが好きだって聞いたからって選んでくれたらしい。
ウィリーママありがとう。
本物でもそうでなくても、私はウィリーママのこと好きなんで、うれしいです。


ママが出前をとってくれた。
黒いのがジャジャンミョンと赤いのがウドン。
あとは餃子とか、鶏肉のあんかけみたいなやつ。
絶対3人では食べれない量。
IMG_4446b.jpg

ふとウィリーママの足元を見る。
ヴィトンのモノグラム…。
ではなく微妙にLとVとなぜかXが組み合わさっているロゴ。

韓国よ…。



21:07 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国⑤ 世宗ホテル

ウィリーのバイトが終わったのは結局2時を過ぎてた。

「ホテルに行く?家に帰る?」
どっちでもいい。
その質問には何か意図するものがあるのか?
ほんとにどっちでもいい。

タクシーに乗ったわずかな間にも寝てた。

着いたところは少し高台のような印象だった。
すごい霧で、っていうか霧雨で。
芝生がオレンジ色のライトに照らされて、もわーっとして夢見心地だった。
あ、私、疲れてるな。
妙に落ち着いて納得した。

春川世宗(セジョン)ホテルってとこ。

1つ寝てもまだ4つ夜が来る~って余裕だった。
そんな満ち足りた気持ちで寝た。


充電完了。


IMG_4437b.jpg
朝気づいたらカーテンがハート模様だった。
なんとなくハッピーだった。
IMG_4438b.jpg
カーテン開けた!

結局夜も朝も遅く、フロントの人以外誰にも会わず、いまいちホテルの雰囲気も掴めずに外へ。

庭に出て、あ~昨日見たところは、こんなとこだったんだ!って初めてわかった。
こじんまりしてたけど、きれいな庭だった。
IMG_4440b.jpg IMG_4441b.jpg

民族衣装を着た人たちとすれ違ったり、風船アートがあったり。
よくわかんないけど身内のパーティーをするようだった。
IMG_4442b.jpg IMG_4443b.jpg

ウィリーパパが働いてたという江原道庁。
キジャンのお姉ちゃんが働く事務所。
そんなローカルな情報を聞きながら、タクシーをつかまえる。

10月3日、開天節(ケチョンジョル)。
韓国は祝日だった。
建国記念日のような感じらしい。

国旗がたくさん揺れてた。

いい天気の日だった。



18:15 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 韓国④ 屋台

バイトの途中。
ちょこっと抜けて行ったのは、近くにあった屋台。

カメラを向けたらピースしてくれたおじさん。
IMG_4429b.jpg
おでんと鯛焼きを調達。
グネグネとうまく串に刺さったおでんを食べて。
アツアツのおでんスープを飲みながらトクソシルへと戻る。

鯛焼きはあんことカスタード味☆
IMG_4432b.jpg

16:58 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 韓国③ 未来のホープたち

春川に着いたのは11時くらいだった。
ソウルでは暑くて後悔したポンチョも、夜の春川では寒いくらいで。

オッジャンと別れ、ウィリーのバイト先へ。

読書室!
あくまで勘だけど、日本語で書くと読書室だと思う。
自習室みたいな感じ。
そこで受付や事務、時々教えたりするのが仕事内容だという。
いつもは夜7時くらいから深夜の2時くらいまでが彼のシフトの時間。

前のシフトの人と交代のため、少し待っててと言われて通された休憩室。
中学生くらいの女の子が2人で話してた。
いつも受付をしてるアジョシ(おじさん)が大きな荷物を持った女を連れてきた、そして韓国人ではないらしいとあって、すごくジロジロ。そして、クスクス。
まぁ、なんとなくわかるさね。
ウィリーが戻ってくると、ウィリーにひと言ふた言残してそのふたりの女の子たちは外へ…。
「いいムード壊しちゃいけないからもう行く」って。
かわえぇ~!!
中学生の女の子ってこんな感じだったかなぁって、すごく微笑ましかった。

ベストトクソシル。
なんとなく勉強するとこじゃないような、キレイな受付のライト。
IMG_4424b.jpg

受付はこんな感じ。コンピューターで学生さんたちと部屋を管理。
IMG_4427b.jpg IMG_4423b.jpg

ドアがちゃんと開くか開かないかの狭い廊下の両端に部屋がぎっしり。
部屋の中には2~6個くらいの学習机が置いてあるの。
IMG_4426b.jpg

深夜0時を回ってもまだたくさんの中学生や高校生たちが勉強してた。
女の子を迎えに来るお母さんたちもたくさんいたし。
「ケイタイが繋がらないから寝てるんだと思います。家に帰ってくるように伝えてください」
って電話をしてくる親もいる。
勉強に疲れただろうと我が子に差し入れを持ってくるお母さんもいるとのこと。

韓国…韓国すごいよ…。
かわいそう、とは違うかな。
でも教育に対する熱とか学歴社会の深刻さとかはすごく感じた。


この日はウィリーのこのバイトの最終日だった。
彼は何も言わないけど、私が韓国にくるからっていう理由もあるのだろう。。
聞いてもきっと答えないだろうから聞かないけど。

今日で最後だからって言って、受付を通って帰ってく子とひとりひとりちゃんと握手して「トゥロワー」っていうウィリーを見て、いいお兄さんでいたんだなぁって少し彼が誇らしかったよ。
私が受付に座ってると、当然「誰?」って言う感じで見てくる。
ウィリーは一人一人に「誰だと思う?彼女なんだよ」って言っててイチイチ照れくさかった。
興味津々でニホンジンをまじまじと見てたりとか、ちょこんと会釈したりとか、それぞれの子の違った反応はおもしろかったけど、みんな本当にあどけない笑顔をしてて。
気をつけて帰って、早く寝るんだよー。
そんな気持ちだった。

誰もいなくなった午前2時。

私とウィリーは掃除に取りかかった。
私にも机の上の大きいごみを拾う任務が与えられた☆
…って言っても、ゴミなんてほとんどなくて結局ゴミ袋ぶら下げてただけ。
そういう優しさがうれしい。
ひとつひとつの机を周りながら。
机に貼られたメモとか、散らばった消しゴムのカスとか、そんなの見てみんなえらいなぁって思ったよ。

別に親じゃないし、それぞれの子がどんな未来を過ごすかなんて知ることはないけど。
今のかわいい笑顔を持ち続けて、大人になってほしいなぁって思った。
家に帰ったらいっぱいお父さんやお母さんに甘えてほしいよ。

ほんとにおつかれさま。

IMG_4431b.jpg
かわいい中学生の女の子と☆



01:01 | 未分類
comment(4)     trackback(0)

 韓国② サンギョプサル!!

早速、サンギョプサル!
IMG_4413b.jpg

東ソウルバスターミナルの近くのお店。
前に行った時にも行ったお店。
コンナムル(もやし)とケランチム(茶碗蒸しみたいなヤツ)がおいしい。
イヤ、どこで食べてもおいしい。

オッジャンとヨンジョンオンニ。そしてウィリーと私。
IMG_4412b.jpg IMG_4415b.jpg

手に持ってるのはね、ヨンジョンオンニからのプレゼント。
猫ちゃんのストラップ。JETOYっていうらしい。
白雪姫と王子様のペア。
私は色的に王子様のほうが好きだったんだけど、結局ケイタイも今つけてるストラップもピンク系なもんだから赤い方を選んだよ。
で、もう片方はウィリーのケイタイについてる。
ペアだ☆
IMG_4433b.jpg
りおサンのブログでJETOYの雑貨が何回か取り上げられてて。
かわいいな~って思ってたから、すごく嬉しかったです。
もらった瞬間、りおサンのブログに載ってたやつだぁ~!!って興奮しましたよ。
そうそう。りおさんは今おなかにベビーちゃんがいらっしゃいます☆
新しい家族をひとり迎える準備、楽しんでいただきたいです。
まだおめでとうを言えてなかった…。
今から行って来よう♪

お店を出て、春川にバスで向かうため東ソウルバスターミナルへ。
IMG_4418b.jpg
ヨンジョンオンニとはお別れ。
正直、以前の1度だけでまたもう1度会える人って思ってなかったからすごく感動した。
こうやってすこしずつお互いの事を知れること、うれしい。

IMG_4419b.jpg
「Dr.毛」って毛って苗字があるのかな?
ウィリーパパもパパのパパも髪の毛はあるから大丈夫だよ。
そんな話をしてくれた。

どこがフラペチーノかわかんないけど。
IMG_4422b.jpg
コーヒーを飲みつつバスに揺られて春川へ。
あまいよあまい。


18:47 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 韓国① 出発

荷物が結局出る寸前までまとまらずにとりあえずのものだけ詰める。
夜勤明けはやっぱりつらい。
興奮で眠気はないのに体がしんどいの。

セントレアでごはん。血糖値をあげる。
IMG_4411b.jpg

飛行機はいつものコリアンエアー。
隣がなんとなく気の短そうなおじさんで落ち着かないフライトだった。



18時前韓国に到着した。
最初はわかんなかったけど、やっぱり仁川空港は独特のにおい。
キムチなのか、ニンニクなのか?

やっぱり出てくるゲートを間違える。
今まで、ウィリーが指定されたところで待っていないと思ってたけど、私が不自然なところからいつも出てくるから待ち合わせがうまくいかないんだろうなー。
といっても、ゲートは2つしかないわけだけど。
大きな柱に隠れつつ、様子を伺う。
歩き出すウィリーに声をかける。

「チョギヨー(あの~)」
って感じで再会。

ラガーシャツを着てた。
わたし、ラガーシャツ好き。キレイめに着てるとすごくいい。
まぁウィリーはそうではなかったけど。
ヴィトンのショルダーバッグを持ってたのにもちょっと驚いた。
お姉ちゃんからもらったらしい。本物かは知らないけど。
「信じないってことは、うちのお姉ちゃんを信じないってことだよ。」
そういわれたらしょうがないっす。
とりあえずいつも一通りファッションセンスに驚く。
今回はパーマが一段とモサモサで、これはすごくかわいかった。

ソウル近郊で働くオッジャンとなぜか一緒にソウルで合流してから春川に向かう。
道は込んでてなかなか進まない。
春川に帰ってすぐウィリーはバイトに行かなければならず、時間のこと気にしてたなー。

そんな時間的に土台無理な計画、しかも手間がかかる計画、初めから立てなければいいのに。
時間よりも仕事よりも責任よりも?
それ以上に大切な、自分が価値があるって思うもの、それを選択して許される社会ならそれはそれでいいと思う。
いや、そんな複雑思考過程は経てないのかも。
したい!ことがすることに直結するのかもしれない。

なかなか慣れないよなー、計画変更には。


18:43 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 ただいま

ただいま、普段の生活。

良かったよ。
いい思い出、またたくさんできた。
ほんとにたくさん。
ほんとほんと。

初めて5泊っていう長い時間一緒にいたからかな。
初めて帰りのバスの中で涙がこぼれてしまった。

ぽろりん、くらい。

グーッと絞まる腕とガサガサ洗いざらしのシャツの間。
満たされる途中に欠けてるところが露になる、みたいな。
それで何か解決できると思ってるのかよー!って感じだった。

増えるグジュグジュのティッシュ投げつけた。
涙じゃなくて鼻水ね。
マスカラもとれてさ。
最低。

黙って拾って握ってたウィリー。
何回もぎゅーっとしてくれた。


すんません。
ほんと、すんません。


23:27 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 ネルマンナジャ!

ネル マンナジャー、です。
明日会おうねー、です。

メルボルンにいたときみたいです。


仕事終わったら明日の朝だ!
頑張ってこよう。



14:04 | 未分類
comment(2)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。