スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 ソルロンタン

オナカイタイ

二人でそう言いながらも、朝ごはんを食べるところを探す。
お腹に優しい温かいもの。

それにしても早くトイレに行きたい!

ソルロンタン専門店の1軒目はなんとなくオジサンばかりで居心地が悪い。
まずはトイレ、と隣の小汚いビルの2階に上がる。
お店の人からもらった鍵でウィリーがドアを開けてくれるも、汚い…。

ここでは無理だ。

東ソウルバスターミナル付近のすこし賑やかな街。
2軒目。
トイレもキレイ☆☆☆
…で何となくすっきり感。


ソルロンタン
『牛の骨や各部位の肉、舌、内臓を大きな鍋に入れ、水で10時間以上煮立てる。ゆでてスライスした肉類、素麺などを入れた器に、できあがった乳白色のスープを注ぎ、薬味の刻みネギを乗せて白飯とともに供する』
~出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)
IMG_3762b.jpg
味はアッサリ。自分で塩で味付けをする。
濃い目のパンチの効いたものばかりじゃなくてこんなのもあるんだなぁ。
温かいスープとご飯が心に沁みておいしかった。
コンナムル(モヤシのナムル)をがっつく。

ウィリーは、冷麺を食べてた。
お腹痛いのに、よく寒いもの食べるなぁって思ってたら、食べ終わってすぐまたトイレに行ってた。
気の毒に。



IMG_3764b.jpg
朝ごはんの後、二人とも体調は回復しましたとさ。
もうこれでトイレの話はおしまい。

スポンサーサイト
23:10 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 オナカ弱い

10時頃起きた。
小窓から下を見下ろすと、下で子供がキャーキャー遊んでて、穏やかないい朝だった。

何か異変を感じる。
何かをもよおす。

クーラーが効きすぎたのか、自然の風が思ったより冷たかったのか。
前日に食べた怪しい半生の貝のせいか、単なる飲みすぎなのか。
お腹が悲惨な状態だった…。
死ぬぅ~!!とベッドの上で悶える。
最初は心配してたウィリーだけど、そのうち彼自身も腹痛に襲われる。
代わる代わるトイレに行く。

狭い部屋にトイレもシャワーもあるので、音的な問題で落ち着いてできず。
ウィリーに「外に出ててよー」と懇願する。
出るわけがなく、テレビの音量だけ上げて時代劇をみていた。

モーテルを出る直前までトイレにこもる。
モーテルを出た直後にトイレに行きたくなる。



一緒にいる時間が増えれば、自分のコンプレックスも見せたくないとこも見せる時が来る。

イビキかいてたよとか、半目で寝てたよとか、できればそっとしておいてほしい。
すっぴんの時は目も合わせたくない。
ムダ毛は見なかったことにしてほしい。

できればイイトコばかり見せたいから、できることはする。
でもとっさのハプニングとか、無意識下の出来事には広い心で対処してほしい。

なにか不思議な音がして、
「今の何の音!?」
って聞いた。

「おなら」
って言っていたウィリー。


少し居心地のいい関係だなって思う。
22:03 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 初モ~テル

カラオケのあとは…もう12時近くだったと思う。

「1度ホテルに荷物置置いてから飲みに行くよ」
とウィリー。

まだ行くんかい!
夜勤あけで飛行機の中でも興奮のせいか全然眠れなかったけど、なぜか眠さはなかった。

ヨンジョンオンニと女の子大好きなオッパとはお別れ。
また会う日はあるのかな。

一旦荷物を置きに入っていったのは、あの温泉マークのモーテルというかモ~テル。

見るからにあやしい。
オッジャン、マイクアジョシ、ウィリー、私。
でかい男たち3人と旅姿のピーナッツ女。
実際はそのモーテルは上の階がオッジャンたちの寮で、ただ一緒に入っただけ。
もちろん部屋が必要なのは私とウィリーだけなんだけど。
お店の人、若干ギョッとしてたからね。
どんなプレイになるのかってね。

そして、値切るオッジャン。
値切るんかい!

部屋は狭い。

ここに泊まるの~?ってブーたれた。
「その時に言ってよ」
って言われた。
ずっとスーツケースとか持って歩いてくれてる友達たちを前に、これ以上歩いて他のホテル探せなんて言えないってね。

なんとなく不満な気持ちもあったけど、まぁいいや☆と近くの飲み屋さんへ。
道すがら、路上ではパラソルの下でまだまだ人がたくさん飲んでいた。
元気すぎる。

やっぱりここでもソジュを飲む。
アンジュ(おつまみ)は貝の入ったサラダ。
色は唐辛子の色。
若干生っぽい貝に、これはお腹ヤバそうだなって思う。
でもおいしいからガツガツ食べた。
というより、手持ち無沙汰でついつい箸が動くんだ。

ウィリーとマイクアジョシは韓国語で喋るし、オッジャンは体まで真っ赤にして寝てるし。
幸せなことに、私は他の人が韓国語で喋ってる時に疎外感ってのを感じない。
音としての韓国語はすごく心地良いし、非日常な感じもイイ。
普段傍にいない人が、横に座ってるだけで嬉しいってコト。
幸せを感じ始める閾値が低いのもあるかも。
He says…とかって無理に通訳の時間が入るほうが、逆にすみませんだもん。

でも、ウィリーは私がそうやって黙ってると、ツマンナイって感じてると思うんだろう。
なんとなく手をギュッてしてきたりとか。
そういう"君の事忘れてないよ"の印がせつない。
私はほっといてもちゃんと楽しいのに。


モーテルの部屋に着いて2人になって思った。


やっぱりどんな部屋とかは関係ないなってこと。
もちろんゴージャスな部屋がイイに決まってる。
でも、オーストラリアでは悲惨なバッパーに何泊もしたっけって。
翌日赤いブツブツがたくさんでたりもしたけど、その汚さとか、そこで会った人とか。
今はいい思い出なんだよね。

この得体の知れないモーテルもそう。

韓国のシャワールームのスリッパはどこ行ってもスケルトンで色がカワイイなとか。
この歯磨き粉や石鹸、前はどんな人たちが使ってここまで減ったんだろうとか。
年季の入った垢すりタオル、やっぱり兼用なのかなとか。

そんな時に感じたこと。
ずっと忘れられない瞬間になる。


12:49 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 ノレバン(カラオケ)

カラオケへ。
ごはんを食べに行くと、一軒で終わりという考えはこの国にはないのかな。

お店を出ると、ヨンジョンオンニ(お姉さん)の腕が絡まってきた。
今日会ったばかりなのに!
なんだこの親しみがこもった感じは。
妙にドキドキする。
カラオケの無料アイスも「一緒に選ぼう!」って腕をグイグイ引っぱっていかれる。

急に縮まる人との距離。
戸惑いもあるけど、嫌いじゃない。
私はこういう韓国が好きです。

カラオケはこんなとこ。
IMG_3756b.jpg

日本ではただの部屋っぽいところばかり行ってるけど。
フローリングの床の一段下がったところに掘りごたつチックなテーブルがあって、フカフカのクッションのある大きなソファー。
照明はカラフルでキラキラ。

韓国人の歌唱力の高さに脱帽。
普通に意味わかんない音でも、うまいと聞いてて楽しいもんなぁ。
ウィリーとa whole new worldをアラジンとジャスミンのパートにわけて歌った。
初デュエットはすごい気持ちよかったけど、概ねボロボロ。
もっと練習しとこうねって次回のリベンジを誓う。

ウィリーの歌ってた歌で、How Deep Is Your Loveっていうのがある。
歌手はBee Gees。
古い歌だと思うけど。

帰ってきてから何回もユーチューブしてる。
23:35 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 到着と初ごはん

取れることなのない名札が3回も落ちる。
血管がプリプリしている人の採血がなぜか取れない。
「朝の検温、採血全員成功させてきます!」と先輩に豪語したのに。
あんなに張り切ってたのにねぇなんて言われながら…。

そんななんとなーく不吉な出来事のなか、無事に終わった夜勤に一安心。
寝る間もなく、慌てて準備を済ませる。

KE758  15:45―17:45
セントレアから仁川空港へ。

まだまだ明るい。
どんよりと厚い雲に覆われた低い空。
梅雨に入ったばかりだというソウルは、なんとか天気を保ってくれていた。


到着ゲートから出るとスグにウィリーが見つかる。
ハグ、うっすら拒む。
イヤだからとかじゃなくて、どうしていいのかわかんなかったから。
でも数歩あるいて、自然に伸びてくる手を見ると、何にもなかったことにしてくれるくらい幸せな気分になった。
私がいていい場所、私のための手、そんな直感。
ヘンな意地とか不安とか、数秒で消える。
好きの気持ちがグーンと大きくなる。
そんなパワー、すごい。

バスで軽くやりたいこととか行きたいこととか、旅行の日程の打ち合わせ。
実際に会うまでほとんど何も話してなかったから。

まずは新村でソウルで就職しているオッジャンとごはん。
早速の登場!
ホントにオッジャン好きなんだよなぁ。

ここがそうなのかわかんないけど、こんな街でした。
ハングル記号みたいな文字とか、ドギツイ色の看板とか韓国っぽくて大好き。
IMG_3741b.jpg


オッジャンの大学の時の友達たち、高校の同級生たちも一緒だった。
マイクアジョシ(おじさん)、ヨンジョンオンニ(お姉さん)…。
名前がやっぱり覚えれなくて、英語の名前だと覚えやすい☆
IMG_3744b.jpg

IMG_3745b.jpg

食べたのは、やっぱり肉!
なんていうのだったっけ。
もう忘れちゃった。
IMG_3750b.jpg
韓国料理ってお肉食べた後に、焼き飯にしたり、ウドン混ぜたりとかの+αがあるから楽しい。
いや+αどころか、それ以上のおいしさです。

お酒はもちろんソジュ(焼酎)で。
1ツのグラスを使って、指名された人がイッキして、その人が次の人を指名してお酌する(以降同じ)感じで飲んでいくんだけど、そういうの楽しい。
ガンガン飲む。


22:29 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 充電

19~22日で韓国に行ってきた!

何も状況は変わらないけど、行く前に思ってた気持ちとかそういうのは払拭された。
この人はちゃんと私を好きでいてくれてると思った。

いっぱい不満はあるけど、やっぱりウィリーと一緒に人生を冒険したいって思えば、やっぱり我慢の時なんだろうか。

今はちゃんとそう思える。
充電できたのかな。

でも、日本に着いたよっていう電話ができないでいる。
電話が終わってしまえば、ガラッと変わった現実味を帯びた時間がスタートしそうで。
できないでいる。


23:58 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 2つの夜をこえて

ウィリーからは数日前に電話がかかってきた。

来週どうするの?みたいな探り探りの質問があって。
傷つけてしまったから、来るのも来ないのもちゃーちゃんの選択に任せるなんて言われて。
結局、来てほしいなんて言葉はなくて。
友達が待ってるよとか。
そんな真意が見えない言葉ばっかりだった。

結局。
じゃぁ…行く。
みたいな渋々OKな感じで私とウィリーは韓国で会うことが決定した。


結局その後話したのは私のフライトナンバーだけ。
あと、ひとことだけ、私といる時間が一番ハッピーだと言っていた。


オッジャンは「あと72時間で会えるね」なんて、かわいいメッセージをくれた。




会うことで、ブランクもこのわけのわからない感情も全てを失くしてまた頑張れる力をもらえる気もするし、全然そうじゃないことが起こりそうな気もする。


23:08 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 

今日は父の日!
オメデトウの電話した。
最近、父も母も体のココがおかしい、仕事疲れた、なんていってイロイロ検査とか受けてる。
そういう年なわけだ。
何もなければいいけど。
いつも元気でいてくれたらいいな。
親孝行したいときには親はなし。
ホントそうだと思うけど、でも何すればいいのやら。


昨日は例の年下の青年と遊んだ。
仕事終わりにすれ違った先輩に無言で力のこもったグー!!('v')bを受けた。
何もないんですけど☆

彼は上司に聞いて調べたというパスタ屋さんに連れてってくれた。
もちろんオススメはパスタだけど、なんとなくそういう気分じゃなくて。
しつこくメニュー見てたら、「好きなもの食べていいですよ」と。
ドリア食べた。
普通においしかった。

その後映画。
先行上映のインディジョーンズ。
久しぶりの続編らしいけど、すごいおもしろい!!
前の作品となんか繋がったりしてるんだろうなー。
自分が冒険したみたいな気分になっちゃって、スッキリ爽快☆
なんであのテーマ曲が流れるとワクワクするんだろうなぁ!

映画が終わると、もう深夜だったけどそのままドライブへ。
小学校の頃教科書に載ってた木曽三川のヒトツ木曽川を実際に見て感動☆
これがかの有名な~みたいに。

夜は涼しくて風が気持ちいい。
うっすら灯りに照らされる田んぼと、ウシガエルの太い声。
地元みたいですごい懐かしくなった。
ポツポツお互いの恋愛の話とかしてた。

ちょっと細い小道で車が止まる。
で、お決まりの会話ストップっていうね。

あ、なんとなくこの雰囲気まずいなっていうのは鈍感な私でもわかる。
いつもの2倍喋ると車は再発進。
あー…。いかんいかん。
こういうの、いかんよー!
友達だからねー。

とってもいい人だし、やっぱり新鮮さもある。
だけど、コレやってくれないんだ…とか、こういうときウィリーはこうするのにとかイチイチ比べてしまう。


インディーもなんかそんなこと言ってたよ。
私みたいにウダウダ言ってないでインディーはやっぱりひと言でカッコよくキメてたけどね。




23:00 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 無くなれ恋愛脳

寝れないなー。

12時前には横になったのに。
いっぱい歩いて疲れたはずなのに。
お腹も満たされてるのに。

なんとなくカラーリングした髪のにおいが鼻をつく。
いい香りだけど、なんとなくいつもと違うから。
なんてナイーブ!

やっぱり頭の中でぐるぐるしてるのは彼のことばかり。

もうすぐ仕事終わる時間。もしかしたら連絡くれるかも、とか。
何事もなかったように自分で電話しようかな、とか。
1日一度も彼の脳内に私は登場してないんだろうな、とか。
今誘ってくれてる人と本気で恋愛始めたら楽しいかな、とか。



あー。
自分が気持ち悪い。



01:46 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 吉か凶か

ケンカしてから連絡とってないんですけど…。
どうしよう。
「行かない」って言った手前、「やっぱり行く」とは言えないし。
でも、もうチケットもとっちゃったし。
彼に会わずとも韓国に行けばいいか。

初めての韓国ひとり旅になるかもしれない☆

こんなことになるんだったらバスとか電車の乗り方くらい覚えとけば良かった!
仁川空港から出れそうにない。

んーガイドブック片手に頑張ります。
オーストラリアでも結局何とかなったしね☆
って思ってたら、母からのメール!

無理は得策ではないよ。
よく考えること。
考える機会だととらえて、決して短絡的な行動に走らないこと。
人生、一寸先は、霧の中ですから・・・。
吉と出るか、凶と出るかはわかりませんョ


お母さん!
さすがだなー。
何も言ってないのにテレパシーで通じちゃうのかな。
っていうか、怖いわ、ソレ!



あと1週間ほどで出発でーす。




22:42 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 archaic smile

あーけんかしてまった。

また私が一方的に怒って、ウィリーは謝る。

情けない人らじゃ。

もう韓国には行かないって言ったし。

軌道修正できるんかな。

でも、私悪くないしね。

しらんわ。

今更だけど疲れたわ。

それしかない。

不毛だ!

21:55 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 78どんぐり

昨日夜勤あけで美容院に行こうとクタクタの体に鞭打ってシャワー!
その後30分だけ…と、横になったら、目が覚めたらもう辺りは薄暗く。
これだからまったくもう。

結局今日髪の毛切りました。
久しぶりにストレートにしようかと思ったけど、なんとなくまたクルクルにした。
エアーウェーブっていうパーマをかけてもらった。
前に時間がなくてできなかったやつ。
痛みが少なくていいらしい。

1週間したらカラーしに行こう。
楽しみ~☆


韓国に行くことは決まったし、チケットも手配できた。

でも、最近私ばかり電話かけてて、「なんだよ!」って思う。
途中で私の電話カードの残高がなくなって話の途中で電話が切れてもかけなおしてこないし。
そういう小さな不公平さにイラッとする。
サイワールドにどんぐりを78個もチャージしてくれるよりも、最後にオヤスミを言ってから電話を終わりにしてほしい。
他にすることがあるだろうと。
何を思って78個も…イライライライラ。

少しでもキレイに見える服を選んで、かわいいと思ってほしいから髪の毛を切って、お土産を買って家族の前でもソツなく彼女としての自分をこなそうとする。
すべて私が私としての体裁を整えるためにしていることなんだけど、そのすべてがウィリーに通じているところがシャクに障ってしょうがない。

78個…どんぐり…。
なんでだ!


23:13 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 年をとる

コンパで知り合った年下の人。

"年下の子"っていうにはなんかそぐわなくて、話し方とか考え方とか、すごくしっかりしている人だった。
あんまり目も合わせてくれないのに、「恋愛のこと聞いてもいいですか?」とかって。
ストレートで初々しい。
意味のない盛り上がりとかそういうのが苦手らしく。
なんだか実直な人なんだろうなぁ。

カラオケして、ご飯食べて、ちょっとブラブラして。
リードしてくれようとしてるのにお店迷ったりとか、混んでて入れなかったりとか、ことごとくうまくいかなくて、そういう一生懸命なとこがかわいかった。
で、普段ボサーッとしてる私が仕切る。
年上だからと、ちゃんとお姉さんであろうって思うって、きっと年とったってことだな。

途中彼の上司から電話。
近くで飲んでるから紹介しろと。
そんなつもりじゃないから!!ってドキドキしたけど、なんとかそれは回避できた。


彼のことをこんなに書くのは恋愛対象としてみてるからなのかな。
いや、全然タイプではないし。


ま、いいや。

彼氏がいることも言った。
男と女の関係しか考えられなければ、もう連絡は来ないと思う。

なかなか難しいっす☆



13:57 | 未分類
comment(0)     trackback(0)
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。