スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--:-- | スポンサー広告
-    -

 韓国 最終日

もうこの日は日本に帰るだけ。

どこを旅行してても、日本に帰る日はいつもなんともいえない気持ちになりませんか??セツナイような不思議な気持ち。もう日本に帰るんだなぁ、現実に戻るんだなぁって。


2時頃ウィリーの家を出て、ジチャンとオッジャンの待つインターネットカフェに向かう。ホントにゲームが好きだよねぇ~('v')!?もう深夜なのに、さらに今から長時間車を運転しなきゃいけないのに…。彼らはいつ寝てるんだろう。彼らのやっているオンラインゲームを見てると、ウィリーが簡単そうなゲームを選んでやらせてくれる。

実は、このとき私は少々疲れもたまってきていたのか、春川の予想以上の寒さに大打撃を受けていました。寒気でゾクゾクするし頭も痛いし、もう、ちょっとうまく笑えないくらいのキビシイ感じ。でも、最後の最後まで迷惑をかけるわけにはいかず、我慢我慢。ツライ…↓
ウィリーはそんなこととも知らず、一生懸命キーボードの操作方法を目をキラキラさせながら教えてくれているし、うまくできるとイチイチ褒めてくれるし、バッチリ冷えたお茶を買ってきてくれるし、これまた味のマ~ッタリしてそうなイチゴミルクを傍で飲んでるし。…もう、いや~もう…。


小一時間後、インターネットカフェを出てジチャンの車でいよいよ仁川国際空港へ向かう。私のために送ってくれてるんだし、絶対寝ちゃダメだ(`_´)!!と思っていたけど、寒気と頭痛も重なって限界が近づく。ウィリーのモコモコのジャケットを枕に、さらに膝枕してもらってバタン。

次に気がついたときはコンビニエンスストアだった。頭を上げるとウィリーのジャケットに大量のヨダレが!!さらに寝起きで意識もあまりハッキリしてないので、口のヨダレを手で大胆かつカッコよくぬぐってしまう。
ヤッテシマッタ!!
ウィリーはまた爆笑してるし、すぐにジチャンやオッジャンに告げ口されるし。いつもなにかイジラレル種を蒔いてしまう(++)

でも少し眠ったせいか気分がいい。これで笑える。コンビニで買ってきていたキムパをもらって食べる。さっきまで体調悪かったんじゃないの!?こんな状況でも食べ物を口にしてしまう自分にびっくり(^^;)

ここからは空港までスグだった。朝早いのにバスやタクシーがもうたくさん。

今回はジチャンやオッジャンもいてくれたし最後までたくさん笑っていられた。

ゲートに向かう。

「チョンマル カムサハムニダー」
(ホントにありがとうございました。)

3人に向ける、今の私に言えるせいいっぱいの言葉。Thank you.では十分に言い表せられないくらいのたくさんの感謝の気持ち。ちゃんと伝わったかな。

ウィリーが最後に握手しようって手を差し出してくる。その手をとっておもわずギュッってハグする。ん~似合わんなぁ☆

ゲートを通ってからも、ロビーを遮るガラスの下から笑って手を振ってくれている3人。




私たちの別れはいつも笑顔です。

メルボルンの街で言った毎日のバイバイも、遠距離でも頑張っていこうって決めてオーストラリアから日本に帰る時も、夏に韓国から帰るときも、今回も。

なぜか泣かない。また絶対会えるっていう確信みたいなものがあるのかもしれない。




あと、単に意地っ張りだからです('v')♪
スポンサーサイト
21:18 | 未分類
comment(8)     trackback(0)

 韓国 11/25

朝、犬のガサガサする音で目が覚めた。

ウィリーの部屋で寝てたけど、一人で出て行く勇気はないし…とかイロイロ考えながらふと鏡を見る。お酒のせいか顔はパンパンだし、まゆ毛はないし、とにかくヒドイ(;)
これは無理だと思い、ベッドの上でとりあえず見れる顔にしようとコソコソ化粧を始めると、スグにウィリー登場(T_T)!!
笑われる↓タイミング悪すぎ。

リビングに出て行くと夜は寝てた彼のお父さんもいる。
ご両親に挨拶してしばらく犬と遊ぶ。

ひたすら犬を撫でる…。ウィリーのおうちにはたくさん犬がいる。あまり詳しくないけど、4匹の巨大なアラスカンマラミュート、シーズー、ヨークシャテリア、チョコレートコッカスパニエルなどなど10匹近い。犬がたくさん床をシャカシャカ音をたてて動き回るところは、どうも落ち着かないなぁって思ってたけど、ご両親に話をふるどころか韓国語もしゃべれないから、ワンちゃんにとりあえず救われている。

IMG_1904a.jpg
IMG_2251a.jpg


そのうち、ウィリーのお母さんが朝ごはんに呼んでくれる。
豆の入ったご飯にいろんなキムチ、のり、魚とおでん味のスープ
すご~いきれい('v')!!

「マシッソヨ カムサハムニダー」(おいしいです。ありがとうございます)
これくらいは言えるんだけど、
「マニ モゴヨー」(いっぱい食べて)
と返されると、頭はもうパニック(>_<)!!何て言ったのか、いちいちウィリーに聞かなきゃいけないのが情けない。ひとつひとつ覚えていかなきゃ…。

食後にお皿くらい洗おうと試みると、ウィリー共々キッチンから出される。今はこれでいいのかもしれないけど、なかなか難しいなぁ…。

しばらくまったり過ごしてるとお父さんが話しかけてきてくれた。
チチ 「運動はするの??」
私 「水泳をずっと習ってました。」
チチ 「スキーは??」
私 「したことないです。」
チチ 「あ~」
お父さんはアウトドア派らしく、趣味の登山についていろいろ教えてくれる。とにかくパワフルでスゴイ!!

今回ウィリーから聞いた話、夏に初めて私がご両親に会ったあと、ウィリーのお父さんやお母さんは私のことを"子供っぽくてピーナッツみたいだ"って話していたらしい。
!! 
はい、たしかにチッコイし、ずん胴です。優しそうで感じがいいとも言ってくれてたらしいけど(^^;)なんだかショックというより、その的確な表現がすばらしい☆って逆に笑ってしまった。
でも今回は「キレイになってた」って。女性として見てくれてたらしい。
よかった。見かけ以外何も変わってないから、きっとパーマかけて、服にも気をつかった成果だ(/_`)


午後になって、ジチャンとその彼女ヒョンジュオンニ(お姉さん)とも一緒にマッククスを食べに出かける。私にとっては初めての韓国で出会う女の子。初めてのオンニ(お姉さん)って呼べる人ができて嬉しくなる。ナースとしても先輩だし、すごく美人だし、とてもステキな女性です。以前に私の「さらんへ」は男性が言ってるみたいだってウィリーに言われてたから、この言い方をヒョンジュオンニに教えてもらう。

少し郊外の方のお店へ向かった。夏にも1度行ったお店でとってもおいしい。そばアレルギーのウィリーはチャーシューみたいなお肉を頼んで食べてた。ごめんねー。

IMG_2256a.jpg


その後は少し高台にある春川市内が見わたせるカフェでおしゃべりしにいく。

IMG_2257a.jpg

ここで韓国語での注文に挑戦させてもらった!!
「カフェラテ、アイスモカ、アイスクリーム トゥゲ ジュセヨ」
(カフェラテ、アイスモカ、アイスクリーム2つください。)
お店の方もすごく頑張って聞いてくれてて、ちゃんと通じた!!
ジチャン・ヒョンジュオンニカップルの話をいろいろ聞いたり、日本語を喋らせたり、韓国語の発音を練習したり、とっても楽しい時間が過ぎてく。
でも、だんだんと春川の山々に夕日が沈んでいくのをみて、明日の今頃にはもう日本なんだって、ちょっとセンチメンタルな気分になってヒトリ寂しくなってくる。

IMG_2261a.jpg

深夜の2時過ぎから、3時間もかけてジチャンが車でウィリー、オッジャンたちと仁川空港まで送ってくれることが決まり、ホントに申し訳なさでいっぱいになる。
あぁ~!!迷惑ばっかりかけて、こんなにたくさん楽しいことさせてもらってるのに何もお返しできないよ。

一旦家に帰り、ウィリーが私を仁川空港までジチャンたちと送ることをお母さんに伝えている。
ハハ 「アイゴ~」
"アイゴ~"ってまったくもう!!みたいな感じだよね!?怒ってるー('~`)↓ウィリーに聞くとジチャンの運転が危ないから心配してるんだ、とのことだけど、深夜に送迎させる事を聞いて、怒らない親はいないはず。ホントに申し訳ないことだらけだぁ…。常識ない子と思われちゃったかな。


夜はオッジャンも加わり5人でサンギョプサルを食べに行く。歩いて行く途中のお店で、"ヌークリアボンバー"っていう串焼きをウィリーが買ってくれる。名前から想像できるとおり、激辛でホントに泣きそうになる。ウィリーが水を買ってくれたにもかかわらず、なかなかわたしてくれないので、さらに泣きそうになる(`_′)
それにしても、食べてばっかりだなぁ。あんまりお腹も空いてなかったはずなのに、おいしくてサンギョプサルもどんどん食べる!!
「日本人の友達が来た」とウィリーがお店のおばさんに紹介してくれると、サービスって言ってキノコをたくさんもってきてくれた!!この国はなんてすごいんだろう。運がいいだけなのかな?でも、いつも温かい気持ちにさせてくれる('v`)~♪

食後にドライブがてら、みんなで春川の夜景を見に行く。木が邪魔であんまり見えなかったけどキレイ。ピンってはった空気の中、あったかい豆乳を飲みながらワイワイ。ダンスダンスレボリューションのようなもの(!?)に初挑戦して、言うまでもなく無様に失敗する。


ウィリーの家に帰って、2時の出発までゴロゴロしながら少し休む。
おしゃべりしていると、なぜかしーん…となる。

ウィリー 「将来のこと考えたことある?」
私 「うん」
ウィリー 「将来何してる?」
私 「お母さん」
ウィリー 「夫は誰?」
私 「ウィリー」
ウィリー (満足そう)

昨日ご飯を一緒に食べたミニョンからも結婚のことをいろいろ聞かれた。いつ結婚するの?どこで結婚式するの?どこに住むの?
…結婚したい。でも、私はもうそんなことを真剣に考えなきゃいけない時期にきてるのかな?

午前2時の出発までまったりしながらイロイロおしゃべりする。

どんどん時間が過ぎていく。
21:12 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 韓国 11/24

日本の空港でもチェックインの時からあの賑やかなお喋りが聞こえる。

韓国はすぐお隣の国なんだなぁ。

飛行機に乗る時にはちゃんと離着陸しますように、って機内では必ずドキドキしながら心で祈る!!

今回は親に内緒だったから特に念入りに…。

あと、出口からどんな顔して出ようとか、ウィリーをすごく探してキョロキョロしたらおかしいかなとか、もう、くだらない事ばっかり機内でシミュレーションしてしまう自分にうんざりする('`;)


入国して出口を通るとすぐにウィリーが「ちゃーるー」って声をかけてきてくれた。

めっちゃうれしい。目の前にいることが!!

メガネのフレームが黒ブチの太いのに変わってる。髪も切ってる。体重ちょっと増量してる(^^;)

電話でしか普段は連絡しないから、想像だけしかできなかった姿がリアル。

別にヘンじゃなかったけど、なんだか照れてしまって、変わったウィリーを見て「メガネも髪の毛もヘンだね」って言ってみる。

うわぁ↓かわいくない…。

「チッ!!日本に帰りたいの!?」って言いながら、ギュッて私の手を握ってくるウィリーに、私はやっぱりこの人に会いに来たんだって実感してしまう。



たった2泊だから、無理してウィリーの家のある春川(チュンチョン)まで行かなくていいって言ってたのに、ソウル東バスターミナルから春川に行くことが決まる。「2人でいられないんだー」とか思う半面、彼のフレンドリーな友達に会えるのも楽しみになる。

20:35のバスまでロッテリアで軽くご飯。
キムチとかプルコギとか入ってる"韓国ならでは"のモノを食べたかったけど、売り切れでしぶしぶテリヤキチキンのようなどこにでもあるモノで我慢する…(;_;)

春川までのバスの中は、新しくしたケイタイの話、私の好きなaikoのキラキラやキューティーハニーをMP3から聞かせてくれたり、映画の話、核爆弾の科学、オーストラリアでの思い出、徴兵の時の話、両親に黙ってきてしまったこととかずっと喋ってた。


春川に着いたのは22時過ぎ。

まずウィリーの家へ荷物を置きに行く。絶対「また来たの??」ってご両親に思われるよ~と凹みながらウィリーに愚痴る。即席の韓国語を教えてもらって、起きて待っててくれたお母さんに挨拶をする。笑顔に安心☆


その後"この店は春川の顔っ!!"って言ってたお店でタッカルビ。

IMG_2215a.jpg


ウィリーの友達のジチャン、オッジャンと今回はじめて会ったミニョンと一緒。
もちろんほとんど韓国語だけど、話題をこまめに振ってくれたり、頑張って英語を喋ってくれる。ウィリーは通訳してくれる。いろいろな人がいるんだろうけど、私にとっての韓国のイメージは彼ら。
彼らより年下だし、女性には優しくっていうのもあるのカモだけど、とっても親切で温かく、距離を縮めようとしたらそのぶん「来いよッ」って感じで受け止めてくれる安心感がある。
ちゃんと感謝の気持ちを伝えたくて、「コマウォー(ありがとう)」を連発する私に、「チョンマネー」「テッソ~」(いいえー)っていう返し方もイントネーション講座つきで教えてくれる。

言われるままにソジュのイッキに挑戦。
すぐにフワフワで焦点が定まらなくなる。日本ではありえないオヒメサマ待遇もあって、とても気持ちイイ♪ずっとこうやっていられればいいなぁーって思う。

場所を変えてまた飲む。マッコリをサイダーで割ったものを初めて飲んだけど、これがとってもおいしかった☆

IMG_2221a.jpg


そのあとは、カラオケで歌って踊る。
なんで韓国では開放的になれるんだろう!?期待や要求には可能な限り答えるけど、日本ではあまり人の歌に合わせて踊りまくる友人はいなかったし、踊れ~って言われることもなかったからかな…。やっぱり照れもあるけど、なんだかとっても楽しい。楽しそうな私を見て楽しんでくれる人がいるのもまた幸せに感じる。
それにしても、韓国は歌がウマイひとが多いのかな~。リズム感もあるし、迫力満点だった。

春川の寒い深夜、5人でアイスを食べながら凍えながら歩いて帰る。

3時頃ウィリーの家に帰宅。おしゃべりしながら過ごす。
時間を気にせずにこうやって2人で過ごせる日は来るのかなぁって思いながら。

「明日8時に起こすね」

そう言ってウィリーが部屋から出る。



落とせなかったメイクをこっそり落として寝る。

ウィリーのベッドのにおいと電気毛布が心地よくてすぐに眠りにおちた。



00:17 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 韓国帰り

今日朝①の便で韓国から帰国しました('v')!!

家に着いたのはお昼過ぎ。


夕方から同じゼミの友達たちとピアノコンサートに行ってきた。

寝れずに今まできてちょっと疲れ気味。


なんだか遊びつかれて、すてきなピアノの音につられてにウトウト…(/_`)


キモチよかった~。



えーと。

韓国でしたこと、おいしかったもの、忘れたくないこと、おもしろかったこと。

最大限覚えているうちに今からいろいろ書き留めよう。



21:36 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 明日

会える!

ちょっとドキドキする。

夏には、会う前に緊張しすぎて軽くオエッてえずいたっけ↓

一緒に待ち合わせ場所に行ってくれた韓国人の友人の話も上の空くらいに緊張してた。



体調もバッチリ。

服もアクセサリーも決めた。

まゆげも整えた。

パックもした。

爪もキレイにした。

8月10日以降いちばんの気合です。(気合と美は必ずしも比例しないんですけどね…☆)


はやく24cm上をみあげてみたい。

で、ウンウンっていいながら話したいなぁ。



23:57 | 未分類
comment(3)     trackback(0)

 べんきょう。

2月の国家試験に向けて受験票を書いた。

予備の紙はないよッ!!って言われてたから、一字一字慎重~に。

あとは写真を撮って、いよいよ提出するのみ!!

どんどん近づいてくる試験日(>_<) こわいこわい。

最近1日少しの時間ずつだけど、勉強しようって思えるようになった。

このままの調子で頑張れるといいな。


学校終わった後は、ファミレスでハンバーグドリアを食べながら友達とおしゃべり。

ん??

なんかしっかり遊んでるように聞こえます。

今から勉強だぁ~☆

22:52 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 秘密

今年の夏に、両親につき合っていることを告げずに韓国に行ってしまった。

お互いの留学を終えて、初めての再会。

ウィリーのご両親に挨拶して、結婚の話も出た。

韓国から帰ってきて、話さざるを得ない気持ちになった。
なんか「結婚」っていうのが妙にリアルで、怖くて、言わなきゃいけないんじゃないかって言う気持ちになったから。


すごーい怒られた。


どうして大切なことを話さないのか??って。
順番があるんじゃないの??って。
もちろん韓国人だっていうことも。


シャイな私がそんな話、簡単に親にできないよ~(>_<)

いつまで続くかわからない不安定な恋愛のことを伝えたくなかった。
まだまだお互い学生の身分だし、「何考えてるの」って思われたくなかった。
将来どうなるかなんてゆっくり考えればいいじゃんと思っていたのもあるし。



でも考えたら、そうだよね。

ごめんねー。お父さん、お母さん。

今、両親は冷静に(たぶん)見守ってくれている…と思う。('';)

すごいねー。お父さん、お母さん。


でも、


私は、親に秘密で今週末韓国に行こうとしています。


100%の気持ちで楽しめないのはわかってるんです。
勉強の大切な時期にノホホンと遊ぶ娘をほおっておくはずがない。

でも、久しぶりに会ってきたいのです。







22:30 | 未分類
comment(4)     trackback(0)

 冬 すき~♪

春川(チュンチョン)はもう雪が降ったらしい。

3、4日前くらいって言ってたかな('v')?? 朝、景色が白かったって。


韓国はそんなに早く雪が降るんだ!!知らなかったよー。
(日本も北の方はもう降ってるんですか…??)

まだ日中には20℃近く上がる土地で暮らす私にとっては、とってもうらやましい。

ワクワクするしロマンチックですよね~。



そんな雪とはまだまだ程遠い地では、洗濯が行われました。

いっぱーいの§§ウール§§


先日、普通の洗剤でウールを洗っていることを母親に告げると、怒られてしまいました。

そう。なんでもガサツすぎなんです。少々気にしない。
縮んでも着れば伸びるよ~('3`)みたいな。(だけどA型。)


クリーニングに出せばいいじゃん??

断然おうちで洗濯派です!!

クリーニングは後のニオイがあまり好きじゃなくて。
金銭的な問題も。



そして買ってきたのが

IMG_2210.jpg



~♪ホームクリーニング エマールッ♪~


めっちゃいいにおいする~。

好感度バツグンの香り。

このカオリにつつまれて、ぽわぽわの雪が降るなかを歩きたいなぁー。

23:29 | 未分類
comment(4)     trackback(0)

 2日

Kちゃんが言った。


「私、もう2日も見てないよ。」


そっ、そっか…;
2日間好きな人のこと見てないんだ。。。


いやいやいや、わかるよ?? それは。寂しいよね。


でもね、私3ヶ月見てないよ…(^^;)(そうは言えなかった~☆)



恋するみんなが幸せでありますように~♪

22:17 | 未分類
comment(2)     trackback(0)

 

今週はプレゼンとかレポートとかで忙しかった~('_`)↓

緊張もあったし、久しぶりにしんどかったなぁ。


今日なんとかヒト段落…☆




私はストレスがたまると、それから開放されたときにドーンと食べてしまう。

基本的に食べるのが大好きなんだけど('v`)♪

ピークは今より10kg近く重かったなぁ~(^^;)



でも今ダイエットが1ヶ月以上続いている。

あまりツラさもなく3kg減!!


●1日の摂取カロリーを決める。
●手帳にとったカロリーを書き出す。
●もやしと切干大根をたくさん食べよう。
●水分をとろう。
●お菓子はどうしても食べたいときだけ。
●なお雪見大福はヨシとする(^ж^)

次にウィリーに会うときのために、ちょっとでもキレイになっておきたいのです。


美人でもかわいくもない。…さらに太い。

韓国は見た目重視じゃなかったっけ??

未だに心配になる。




00:20 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 黄色いキャップのオトコ

大学に入学後、まもなく出会った、Kちゃんという友達がいる。


バス停で立っている、新入生を醸し出している私とKちゃん。お互い認識してはいるんだけど、声はかけない。お互いシャイなんです(*^^*)
そんな私たちを見て、黄色いキャップをかぶった男の先輩が声をかけてきてくれた。


「1年生でしょ??アドレス交換したほうがいいよ??授業はじまるとすぐグループできちゃうよ。いろんな人と仲良くなれるのは今のうちだよっ!!!!!」
春のぽかぽか陽気もぶった切る勢い。
お互い「誰だ!?この男は!!」とビックリ。
でも戸惑いつつ、照れながら、よろしくねって番号とアドレスを交換する。


その後Kちゃんと私はどんどん仲良くなった。
勉強の事も恋愛の悩みもイロイロ話した。


そんなKちゃんが、来月から私のアパートの下に引越してくることになった事を今日知らせてくれた!!
イェィッ(>∀<)!!

留年して同級生は先に卒業。彼とは遠距離。実家は遠い。
一人暮らしはとっても寂しい。特に冬ーッッ!!


Kちゃん、またお世話になります。



こんなに仲良く、付き合いも長くなるなんて思ってなかった。


         ☆一期一会☆


でも黄色いキャップの先輩はあの後わからなくなっちゃった……。
この場をかりて、ありがとう。先輩。
21:08 | 未分類
comment(0)     trackback(0)

 誕生日おめでとう

今日11月11日は国際遠距離恋愛中の彼の誕生日。あとペペロデー(韓国版ポッキーの日)もね!!

彼:
ウィリー(ニックネーム)
韓国在住 韓国人
今日から25サイ(日本の年齢で)

more... »

02:23 | 未分類
comment(8)     trackback(0)

 初心表明

何があったというわけじゃない。

何もない。…じゃなくて、何もしなかったんだ。


今日はずっといろんな人のブログをみてた。なんでこんなにいろんなことが起こってるんだろう…って思った。なんかうらやましい。ちゃんとはわかんないけど輝いてるんだろうなって思った。正反対の私。



グウタラなわたしの周りにあるもの。

汚い部屋。つきっぱなしのテレビ。開かれない問題集。10キロの脂肪。漠然とした夢。たくさんのやらなきゃいけないこと。

地元に住むあったかい家族。信頼できる友達。大好きな彼氏。叶えたい夢。


このままじゃダメだね。最低限達成しなきゃいけないことさえ失敗しそうで、自分がどんどんキライになっていく。それに私の大切な人たちは、私がこんな生活送ってるって思ってない。私の大好きな人たちの前でキラキラした私でいたい。自分自身も他の人も、もう裏切りたくない。


だから、明日から少しずつ楽しいこと、ウレシイこと、おいしいこと、オシャレなこと、勉強になること、見つけていこう。少しずつキラキラの私になっていこう。
23:50 | 未分類
-    -
| HOME |
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。